Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フルエアロが憧れだった!? 懐かしの1980年代エアロパーツ装着車5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

1980年代に流行したエアロパーツを振り返る

 日産初代「スカイラインGT-R」や初代「フェアレディZ」、トヨタ初代「カローラレビン」など、1960年代の終わりから1970年代の初めに登場した高性能モデルでは、リアスポイラーやオーバーフェンダーなどのエアロパーツが装着されていました。国産車ではエアロパーツの黎明期といえます。 【画像】大事なのは見た目!? 懐かしいエアロパーツ装着車を見る(15枚)

 しかし、1970年代中頃には、当時の運輸省(現在の国土交通省)は、交通事故の増加を理由にエアロパーツの装着に難色を示し、一旦は国産車からエアロパーツが消えてしまいました。  そして、1980年代になると、再びエアロパーツの装着が認められるようになり、ドレスアップの効果もあるため爆発的に普及し、以降は高性能なモデルでなくても装着されるようになります。  そこで、1980年代に隆盛を誇ったエアロパーツ装着車から、5車種ピックアップして紹介します。

●ダイハツ「シャレード デ・トマソターボ」

 ダイハツは1967年にトヨタと業務提携の契約を締結し、トヨタグループの一員となりました。その後、トヨタとの提携第一弾として誕生したクルマが、コンパクトカーのダイハツ「コンソルテ」です。  コンソルテはFR車ですが、1970年代にはライバルのコンパクトカーが次々とFF化されたことで、競争力がなくなり、ダイハツは自社開発した新世代のFFコンパクトカー、初代「シャレード」を1977年に発売。  1リッター直列3気筒SOHCエンジンを搭載し、軽自動車をわずかに上まわるだけの安価な価格設定と、低燃費だったことから、オイルショックという時代背景もあり、ヒット作となりました。  そして、1981年に開催された東京モーターショーで、イタリアのデ・トマソがチューニングした「シャレード デ・トマソターボ」が参考出品され、注目を浴びます。  デ・トマソは、フォード製のV型8気筒エンジンを搭載したスーパーカー「パンテーラ」によって、日本でも知名度はかなり高いメーカーでした。  しかし、参考出品された初代ベースのシャレード デ・トマソターボは販売されることはなく、1983年に2代目となったシャレードをベースに実現。  1984年に登場したシャレード デ・トマソターボは、最高出力80馬力を誇る1リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載し、600kg台の軽量なボディと相まって、クラスを超えた優れた走りを披露。  外装には専用デザインのエアロパーツが装着され、イタリアブランドのカンパニョーロ製マグネシウムホイールにピレリ製タイヤ、MOMO製ステアリングなどが採用されて、一躍人気車となりました。  エアロパーツは前後バンパーがスポイラー形状となり、サイドステップ、リアゲートを一周するように装着されたリアスポイラーで構成され、派手さは控えめですが、しっかりシャレードをホットハッチ化しています。

【関連記事】