Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アトレティコ、左サイドバック不足問題は内部で解決か?

配信

超WORLDサッカー!

今夏の移籍市場で左サイドバックの補強に動いているとされているアトレティコ・マドリーだが、どうやら内部で解決する方向のようだ。スペイン『アス』が伝えた。 アトレティコでは、昨夏アトレチコ・パラナエンセから加入したブラジル代表DFレナン・ロージが左サイドバックのレギュラーとしてプレー。今シーズンのラ・リーガでは23試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 シーズン中に欠場した際には、スペイン代表MFサウール・ニゲスが代役を務めることもあり、今夏の移籍市場では補強に動くとみられている。 その候補には、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表DFレイヴァン・クルザワ(27)が浮上しており、今シーズン限りでPSGとの契約が満了を迎えることから、獲得に動くとされていた。 しかし、『アス』によるとアトレティコは内部的にこの問題を解決すると報道。その候補に挙がっているのはが、U-23ブラジル代表DFカイオ・エンリケ(22)とスペイン人DFマヌ・サンチェス(19)の2名とのことだ。 カイオ・エンリケは、アトレティコの下部組織出身で、今年1月にグレミオへ1年間のレンタル移籍を果たしていた。アトレティコでは中盤でプレーしていたものの、グレミオでは左サイドバックとしてコパ・リベルタドーレスで2試合に出場。その後、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で試合が行われていない状況だ。 アトレティコとの契約は2023年6月までとなっており、契約解除条項については3000万ユーロ(約35億2000万円)が設定されているとのこと。チームに復帰することが一番の解決策だと考えられている。 また、ブラジル人だが、今後数カ月以内にスペインのパスポートを取得できる見込みとのこと。2020-21シーズン開幕時にはEU圏内の選手として扱えるため、チームに居ることは問題にならないとみられている。 一方のマヌ・サンチェスは同じくアトレティコの下部組織出身。現在はBチームに所属しているが、ファーストチームにはトレーニングメンバーとして参加している。そのため、ディエゴ・シメオネ監督の戦術は理解しているという利点がある。 今シーズンは昨年12月のオサスナ戦で左サイドバックとして起用。また、コパ・デル・レイ3回戦のクルトゥラル・レオネサ戦でも先発出場していた。 何れにしても、サイドバックの補強に動くことはないとみられるアトレティコ。まずは来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権確保に集中することになりそうだ。

超WORLDサッカー!

【関連記事】