Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心臓病や骨折にも効果あり!? ねこの“ゴロゴロ”“モフモフ”がもたらす健康効果

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 コロナ禍により在宅時間が増えたことから、ねこを飼う人が増えたという。ねこは散歩も必要ないので読者世代にも人気が高いが、ニャ、ニャンと、ご主人さまの健康にも役立つらしい! これは見逃せない情報だニャ~ン! 【写真】「うれしいニャー」仕掛けがいっぱいの、林先生の“ねこ御殿”

女医のメンタルを支えるのはねこちゃん

 2019年の日本ペットフード協会の調査では、全国のねこの飼育頭数は約977万8000頭。犬の飼育頭数の減少が続く一方、'18年に続いて、ねこの飼育数が犬の飼育数を上回った。さて、急増するねこ飼いたちに朗報! ニャンと“ねこを飼うと健康になれる”というのだ。  専門家に話を伺った。 「ねこは癒しだけでなく、科学的裏づけのある健康効果もあるんですよ」  と語るのは大阪・堺市の小児科林医院の院長・林かおる先生。保護ねこなどを受け入れるために“ねこ御殿”と呼ばれるねこ専用の戸建てを4軒も所有していることで有名だ。今まで受け入れた保護ねこはトータルで130匹以上にもなるというからすごい! 「元気な子は譲渡して、受け入れ先のない病気の子たちを引き取っています。それぞれ食事の種類や量、活動量も異なるので部屋を分けていったら、結果的に戸建て4棟分のスペースが必要になって……もう大変ですね(笑)」(林先生、以下同)  小児科では病気の急変も多く、言葉で症状を伝えられない子どもたちの診察には細心の注意と緊張感が必要だ。そんな彼女のメンタル面を支えているのがねこだという。 「診療前は朝食もとれないくらいに緊張しています。なので仕事を終えた後、ねこたちと一緒に過ごす時間は何よりの癒しですね」

“ゴロゴロ”音はリラックス効果がある

 優雅なビジュアルからは想像もできないが「職場では診察、家では猫の世話」と1日中、誰かに尽くす林先生。その姿はまるでナイチンゲールかマザー・テレサのよう! そんな林医師に科学的なねこの健康効果を聞いた。  まずはノドから出る“ゴロゴロ”音。これは25~150ヘルツの低周波で、リラックス効果があるという。 「フランスではロンロン(ゴロゴロ)セラピーという名の治療法があります。書籍やCDも販売されていて、ある病院では庭でねこを飼育し、この治療法を取り入れています。さらにゴロゴロの振動が骨密度を高め、骨芽細胞を活性化。骨折の治癒を早めるため、プロアスリートも治療に取り入れています」  また、モフモフも重要だ。温かく柔らかい肉球やお腹に触れることで現代人が不足しているオキシトシンが分泌される。オキシトシンは、気持ちを落ち着かせるセロトニン、幸せな気持ちになるドーパミンなどの神経伝達物質の分泌を促進させる働きがある。そのほか、心臓病のリスクの軽減、血圧降下などの作用も期待できるという。

【関連記事】