Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Apple Watch 6とSE、何が大きく変わったのかを試着レポート!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webChronos

2020年9月18日、Apple Watch 6とエントリーモデルのApple Watch SEが発売された。内容については他のメディアが書きまくっている通り。おおざっぱに言うと、Apple Watchに血中酸素濃度センサーが付いたのがApple Watch 6で、Apple Watch 5の中身を持つのがApple Watch SEになる。エントリーモデルとは思えない内容を持つSEはかなりお買い得だが、アルミケースのモデルしかない。チタン、あるいはSSモデルが欲しい人は、必然的にApple Watch 6を選ぶことになるだろう。

アルミケースは意外に良いぞ

2015年にApple Watchが発表された際、筆者はアルミケースの耐久性には疑問があると述べた。というのも、時計メーカーが採用したアルミケースは、ほぼ例外なく耐食性に難があったためである。

 以前、タグ・ホイヤーの副社長であるギィ・セモンは「日本人の汗が一番酸性である」と述べた。つまり、日本人が使って錆びなければ、世界中のどこでも問題ないと言うことだ。筆者はアルミケースのモデルを酷使したが、Apple Watchのアルミケースは、1年程度の使用ではほぼ問題を起こさなかった。汗がきわめて酸性の人が着けた場合、アルミケースは錆びたかもしれないが、これに関して筆者は十分なデータを持っていない。  最終的にアルミケースの問題を解決したのは、新しいケース構造だった。第四世代以降のApple Watchは裏蓋全面がセラミックスになり、汗の影響を受けにくくなったのである。以降、Appleは、軽くて加工しやすい(つまり廉価な)この素材を多用するようになった。

 かつてのApple Watchは、アルミ素材に航空機に使われているものと同じグレードを使っていた。対して新型のアルミニウムは、リサイクルアルミである。理論上の耐食性は大きく落ちるはずだが、AppleはiPadなどの製造時に生じた切れ端などを再精製したアルミニウムを使っている。つまり、リサイクルアルミといえども、質は変わらないと言うことだ。あくまで理論上だが、耐食性は従来のアルミモデルに変わらないだろう。

【関連記事】