Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コーエーテクモが話題作『ゼルダ無双 厄災の黙示録』などを発表【TGS2020】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経クロストレンド

 コーエーテクモゲームスは、2020年9月26日夜9時から放送された「東京ゲームショウ2020」(TGS2020 ONLINE)の公式番組「TGS2020コーエーテクモ2大タイトル特別番組」で、この冬に発売される『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』と『ゼルダ無双 厄災の黙示録』の最新情報を発表。世界中のファンが注目する2時間となった。 【関連画像】公認コスプレイヤー・伊織もえさんも参加。もちろんライザのコスプレ姿での登場となった  9月26日夜9時から2時間にわたって配信された「TGS2020コーエーテクモ2大タイトル特別番組」。2つのタイトルをそれぞれ1時間かけてたっぷりと紹介する、濃密な新作発表の場だった。  まず紹介されたのが人気RPG(ロールプレイングゲーム)『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』。MCを務める渡辺浩弐氏のもと、プロデューサーの細井順三氏、ライザ役の声優・のぐちゆりさん、キャラクターデザインのトリダモノ氏の4人で始まった番組は、途中で公認コスプレイヤー・伊織もえさん、ガストブランドの土屋暁氏も加わり、ゲームに関するさまざまな情報を惜しみなく披露した。  『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』は、アトリエシリーズ初となる、前作から主人公が継続された続編タイトル。前作の3年後を舞台に、20歳になったライザが活躍する。ゲームとして進化に加え、成長したライザの「せりふが大人っぽくなっている」(のぐちゆりさん)というところにも注目だ。  番組内では、実機を使ったプレーの様子も紹介。そこではライザが暮らす王都の様子や、前作を踏襲し進化している調合システムも紹介。前作を踏襲しつつ、よりパワーアップしたグラフィックが特徴的だった。  最大の違いはフィールドだ。今作ではマップに高低差があり、つたを使って壁を上ったり、ロープアクションでターザンのように谷を越えたりすることが可能になった。さらに、水面に飛び込んでそのまま泳いだり、水中にもぐったりするアクションも追加された。これまで以上にフィールド探索の楽しみが広がった。  また、前作のセーブデータがあると、ゲーム内でオールドルックコスチュームが使えることや、早期購入特典でゲーム内で使えるサマーファッションコスチュームがもらえることなど、ファンにとってうれしい情報もあった。  発売日は、Nintendo SwitchとPlayStaion 4版が20年12月3日、Steam版が21年1月となる予定。また最後には、PlayStaion 5版の『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』も開発中であることを発表。その発売も20年12月3日だ。

【関連記事】