Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島の夏。広陵、武田の本格派右腕と 高陽東、尾道商の強打者に注目だ

配信

webスポルティーバ

スポルティーバ厳選! 高校野球 47都道府県の注目選手広島編   新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校選手権大会」が中止となり、その替わりに、各都道県は独自の代替大会を行なうとしている。広島は7月11日から「令和2年夏季広島県高等学校野球大会」が開幕。大会での活躍が期待される好選手たちを紹介していきたい。 大阪桐蔭の応援団長が驚きの理由でドラフト候補に  注目投手の筆頭候補は、広陵の山川大輝、武田の久保田大斗(だいと)の本格派右腕ふたり。  広陵のエースナンバーを背負う山川は、昨年秋の時点で最速143キロに到達。同校の歴代エースと同じ軸足で粘れる投球フォーム、そつのないフィールディングも光る好投手だ。昨秋は県大会の準決勝、3位決定戦で連敗し、中国大会出場ならず。今夏はマウンドを守り抜き、有終の美を飾ってほしい。  昨年ドラフト指名を受けた谷岡楓太(オリックス)からエースの座を受け継いだ武田の久保田は、再開後の実戦で自己最速の144キロを叩き出した。最速更新だけでなく、1試合を通じてのストレートの平均球速も140キロを超えるなど、著しい成長を見せている。  左腕では、広島新庄、広島商の2校が擁する"左腕コンビ"に要注目。昨秋の中国大会3試合を投げ抜いた広島新庄の秋山恭平は、好不調に関係なく投球をまとめられる安定感が頼もしい。筑後サザンホークス(福岡、フレッシュリーグ)に所属した中学時代は侍ジャパンU-15代表に選出されるなど、大舞台で積んだ経験値が生み出すマウンド度胸も魅力のひとつ。

昨秋は秋山に後れをとったものの、3年生の秋田駿樹(しゅんき)も将来性を秘めている。高い位置からリリースするクロスファイアーは、好調時は攻略困難な代物だ。  昨夏王者の広島商の廣島智弘、高井駿丞はそれぞれ違った"色"を持つ。ふたりを端的に表現するなら「完成度の廣島、将来性の高井」。腕がしなやかで柔らかい廣島は、現時点でも高いレベルでまとまった好左腕。それに対して高井は不安定さが顔を覗かせるものの、リリースがハマったときの速球に底知れないロマンが漂う。  1年秋の県大会から背番号を掴み、昨夏の甲子園でもベンチ入りした廣島だったが、秋の背番号1は高井だった。入学以来続いているエース争いで開幕直前まで能力を高め合う。  昨春のセンバツでもベンチ入りしていた市立呉の住本太陽、廣本拓士の長身右腕2人も潜在能力を秘めている。賀茂監督時代に海田智行(オリックス)を育て上げた中村信彦監督が期待するのは、精神面の成長。この夏は一皮むけた姿をマウンド上で見せられるか。  スライダーのキレ味が強烈な盈進(えいしん)のエース右腕・渡瀬藍司(あいし)は、秋の中国大会初戦で延長13回212球を投げ抜いたスタミナも兼備。無尽蔵の体力で、この夏もマウンドを守り抜く。野手仕様の軽快なフィールディングと捕手経験を生かした冷静さで試合をつくる元川惇太(じゅんた)、小柄な体を余すことなく使い切るサイドスロー・卜部雄介の尾道商の右腕コンビも夏の活躍が期待される。

【関連記事】