Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「足」で操作する自動販売機!Withコロナで進む“非接触”...回転寿司もフライドチキンも新サービス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

Withコロナの時代に入り、導入が進むのが“非接触サービス”です。飲食店のほか、意外な場所でもサービスが広がっています。

回転寿司チェーン「くら寿司」なんば日本橋店(大阪・中央区)では、10月16日に新しいサービスが始まりました。目指したのは、入店してから精算までの“完全非接触”です。店に入るとまず、センサー付きの案内機に画面に触れることなくタッチレスで人数などを入力。

座席につくと自分のスマートフォンで注文します。席に設置されたタブレットの画面に出ているQRコードをスマホで読み込むと、注文画面が出てくるのです。スマホから手軽に注文できるため、備え付けのタッチパネルに触れる必要はありません。

食事を終えたら会計ですが、皿の数はAI搭載のカメラがカウント。新たに導入されたセルフレジで、店員を介さず精算ができます。 (客) 「びっくりしました、使いやすくて。すごく普及すると思います。特にこういうコロナの時代なので、極力触れたくないというのがあると思うので。」 「インフルエンザとか冬は感染症が流行ると思うので安心です。」

くら寿司は、全国にある462すべての店舗を完全非接触に改修していきたいとしています。 (くら寿司・広報 黒見繭さん) 「お客様の利便性や業務の効率化ということでセルフシステムの導入を進めてきました。省力化することで、あいた分のサービスを(感染対策に)使っていけたらと思っています。」

また、ケンタッキーは、一部の店舗でネットで注文した商品を店内のロッカーで受け取れるサービスを10月13日に開始しました。

コロナ禍をきっかけに拡大する「非接触サービス」は自動販売機にも。ダイドードリンコの“足で操作する”業界初の自動販売機は、購入したい商品の番号を確認して、足もとにあるボタンから同じ番号を踏みます。支払いは電子マネーでの決済が可能で、スマホなどかざして決済が完了すると商品がでてきます。

【関連記事】