Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<未解決の女>娘役の佐久間由衣に遠藤憲一 照れっぱなし

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

9月3日(木)の「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)第5話に、佐久間由衣がゲスト出演することが分かった。 【写真を見る】草加慎司(遠藤憲一)の“ほのぼの4コマ漫画”が番組公式Twitterで連載スタート 本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するシリーズの第2弾。 佐久間は、第6係の超無口な“お遍路刑事”こと草加慎司(遠藤憲一)の娘・美里役で登場。 第5話では、銀行で立てこもり事件が発生し、美里が人質になってしまう。母と共に仕事第一の父に見切りをつけ、家を出て3年。皮肉にも事件を介して、父と再会を果たすことになる。 遠藤が演じる草加の娘役と聞いたときは「喜びと緊張の思いでいっぱいでした」という佐久間。実は、遠藤とは今回が初共演ということで、「寡黙な方なのかな、と勝手に想像していた」と明かした。 しかし、遠藤といえば、7月に開催された「未解決の女」の制作発表リモート会見でも、そのオチャメぶりが話題となった人物。 そんな遠藤に佐久間も撮影初日から、ほっこりしたようで「実際にお会いしたら現場のムードメーカーでいらっしゃって、たくさんお話しさせていただきました。ずっと無邪気な姿がとても印象的です。緊張感がある撮影が続いていた中、とてもリラックスした空気に大変助けられました」と、遠藤の人柄に魅入られていた。 ■ 佐久間由衣とカレーの話で親子関係を築く 一方、突如“かわいい娘”を持つことになった遠藤は、「由衣ちゃんはとても真面目でピュアな方。それがお芝居にも反映されて、感情が素直に伝わってきます。周りの人たちから、2人は雰囲気がそっくりと言われたけど、由衣ちゃんはあまりうれしくなかったはず!」と、照れっぱなし。 そんな中、現場では“父”として“娘”のために大奮闘する今回。 「1日だけの共演でしたので、できるだけコミュニケーションを取ろうと心掛けました。カレーが大好きで、カレーの種類や食べ方にもこだわりがあるらしく、『ご飯をカレーに持っていくのか、カレーをご飯に持っていくのか?』という話は楽しく盛り上がり、そのあたりから本当の親子のようになった気がしました」と、共有時間の短さを物ともしない“愛情たっぷりの撮影”を、愛おしそうに振り返った。 そんな2人が演じるのは、撮影中のほほ笑ましい関係とは裏腹に、ちょっとぎこちない父娘。3年ぶりの再会を果たした草加と美里は一体どんな会話を交わし、どんな新たな一歩を踏み出すのか、佐久間も「とても新鮮」だったと声を弾ませる「草加刑事の新たな一面」も明らかに。 ■ 第5話の見どころは… 草加が父として、清算し切れていなかった過去に一区切りをつける第5話。しかし、彼が向き合う過去はそれだけではなく、12年前に捜査を担当した未解決事件にも向き合うことに。 同事件では児童養護施設の経営者の娘・麦野奈津が刺殺されてしまう。奈津と家族同然の絆で結ばれた施設の卒園生に、必ず犯人を捕まえてほしいと懇願され、犯人逮捕を誓うも、約束を守ることができなかった草加。 それから時は流れ12年、あのとき草加にいちるの望みを託した卒園生が、ほかでもない今回起こった立てこもり事件の犯人で、なんと美里ら人質の命を盾に取り、奈津を殺した犯人を捕まえるよう再要求する。 その犯人グループの中心的人物・河本直也を演じるのが、現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で土岐頼純を演じ、壮絶な演技で世間を騒がせた矢野聖人。背水の陣で犯罪に手を染める悲しき男・直也を全身全霊で演じ、刑事・草加を追い詰めていく。 娘が人質であるため捜査に直接関われないもどかしさの中、密かに思いを寄せる理沙までも急病人の代わりに人質となってしまうなど、窮地続きの草加が魅せる“ここ一番の物語”が展開される。(ザテレビジョン)

【関連記事】