Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女流プロ雀士・丸山奏子が泣いちゃった!「打姫オバカミーコ」読み返したら共感だらけ「シンクロする部分があったので…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 2004年から2010年にかけて近代麻雀(竹書房)で連載された人気麻雀漫画「打姫オバカミーコ」。漫画家・片山まさゆきが女流プロ雀士を題材にした作品で、プロ麻雀界を描きつつ、随所に入る指導が勉強になると、多くのプロ雀士も若き頃にバイブルとして読んだとも言われている。プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の赤坂ドリブンズでプレーする丸山奏子(最高位戦日本プロ麻雀協会)も、影響を受けた読者の一人。今秋映画化された同作に出演することをきっかけに読み返したところ「シンクロする部分があったので…」と号泣してしまったという。 【動画】丸山奏子、2019シーズンハイライト  「打姫オバカミーコ」は、駆け出しの女流プロ・丘葉未唯子(ミーコ)が、プロリーグ「風王位戦」元王者・波溜晴に弟子入りし、成長していくというストーリー。アングラな世界を描く作品が多かった中、元気で明るいミーコが実にポジティブに麻雀と向き合い、真剣勝負を繰り広げるプロの世界で奮闘するという、プロ雀士や麻雀全体にとって大きな影響を与えている一作だ。  プロ歴が浅い丸山は、アマチュア時代に作品に触れた。「今は家に全巻あります。勉強にもなるんですけど、笑いあり涙ありの漫画です。泣ける漫画って言えるくらい、そういうシーンが秘められていると思っています」と、真っすぐな目で熱弁した。  映画「オバカミーコ」にも“ちょろっと”出演している丸山だが、これを機に一から読み直したところ、涙腺が崩壊した。ミーコと自分が重なったからだ。まだプロ歴が浅い丸山は、昨年からMリーガーに大抜擢。団体の先輩でもある園田賢、村上淳(いずれも最高位戦プロ麻雀協会)、さらに“ゼウス”の異名を持つ鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)というトッププロ3人の徹底指導を受け、勉強を続ける真っ只中だ。これが波溜に弟子入りしたミーコと重なった。「師匠がいて、ちょっとずつ成長して、トップへの道を目指すみたいなところが、自分に当てはまって共感したんです。そうしたら号泣してしまったんです(笑)」。  女性Mリーガーの中でも“リアルミーコ”と言えば丸山という声も出るほど、シンクロ率が高いミーコと丸山。映画「打姫オバカミーコ」を見れば、まもなく迎える開幕から一番応援したくなる選手が、丸山になる可能性は絶大だ。

【関連記事】