Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

市役所職員などになりすまし…高齢者からカードをだまし取ったか 37歳男を逮捕 香川県警

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KSB瀬戸内海放送

 市役所職員などになりすまして香川県観音寺市の高齢の女性に電話をかけ、キャッシュカード3枚をだまし取った疑いで香川県警が37歳の男を逮捕しました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは住居不定、無職の水津安弘容疑者(37)です。  警察によりますと、8月12日、観音寺市の87歳の女性の自宅に市役所や信用金庫の職員を名乗る人物から「年号が変わっているのにキャッシュカードの切り替えができていない。信用金庫の職員がカードを取りに行く」などと複数回、電話がありました。  そして、訪問してきた水津容疑者が女性からキャッシュカード3枚をだまし取った疑いです。水津容疑者は「覚えていません」と容疑を否認しています。  このカードを使って、観音寺市や大阪府のATMから約120万円が引き出されています。  香川県では、今年に入ってから同じような手口による詐欺の被害があわせて3500万円を超えています。  香川県警では、「自治体や金融機関の職員、警察官がキャッシュカードや暗証番号について電話で聞くことはない。電話がかかってきたら、家族や周りの人に相談してほしい」と注意を呼び掛けています。

【関連記事】