Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SUVスクーターの元祖・原付二種「BW’S125(ビーウィズ125)」に新色が登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

新色のグレー登場、イエローは継続販売

ヤマハは空冷4ストローク単気筒を搭載する原付二種スクーター「BW’S125」のカラーリングを変更し、2020年4月25日に発売。クロスオーバーテイストを強めたグレーを追加し、現行のイエローを継続販売する。 【写真】ヤマハBW'S125のスタイリングを見る【8枚】

ブラックのフェンダーやダークグレーのホイールで足元を引き締める

1980年代後半に、2ストローク50ccエンジンを搭載したオフロードテイストのスクーターとして誕生したBW’S(ビーウィズ)は、その後、海外で125ccバージョンが作られるようになり、日本国内では2016年モデルが最初の導入となった。 クチバシを連想させるアップフェンダーに幅広ブロックタイヤ、大きな2眼ヘッドライトなどが外観の特徴となっており、前後ディスクブレーキなど、走りに応えるスペックも備えている。シート下のトランクは容量約29Lだ。 2020年モデルとして登場するのは新色のグレー。サイドパネルをグレーとし、その他の外装はブラックで統一しながら、足元はダークグレーのホイールとしている(継続色イエローのホイールは黒)。

YAMAHA BW’S125[2020]

主要諸元■全長1910 全幅765 全高1125 軸距1305 シート高780(各mm) 車重119kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 124cc 9.8ps/7500rpm 1.0kg-m/6000rpm 無段変速 燃料タンク容量6.5L■タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●価格:33万5500円 ●色:灰、黄 ●発売日:2020年4月25日

(※新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言発出期間中、不要不急のバイク走行は控えましょう)

【関連記事】