Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・大山、リーグ単独トップの26号2ラン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日-阪神、19回戦、13日、ナゴヤドーム)阪神・大山悠輔内野手(25)が26号2ランを放って先制した。  「初回に先制点を取ってチームを勢いづけたかった中で、うまく打つことができましたし、先制点を取ることができてよかったです」  一回2死三塁。勝野の初球、146キロ直球を完璧にとらえた。大きな放物線を描いて左翼席に着弾。11日のDeNA戦(甲子園)に続いて2試合連続弾でリーグ単独トップに立った。4番の一発で先制点を奪った。

【関連記事】