Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【岡山】巻き返しに意気込む上田康太「改善できるところは、たくさんある」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

ファジアーノ岡山は9月9日のJ2第18節で東京ヴェルディに0-1で完封負けを喫し、17位と苦しいシーズンが続く。MF上田康太はいくつかの改善すべき点を挙げ、次節以降の巻き返しを期している。 第17節は大宮アルディージャと1-1で引き分けた岡山だが、今節は完封負け ■2020年9月9日 J2リーグ第18節(@Cスタ:観衆3,052人) 岡山 0-1 東京V 得点:(岡)なし     (東)山下諒也

強烈ミドルも阻まれる

 ファジアーノ岡山は9月9日の明治安田生命J2リーグ第18節で、ホームに東京ヴェルディを迎えた。前半に先制されて迎えた後半はゴールに迫るシーンを多く作ったものの、最後まで1点が奪えず0-1の完封負けを喫している。  最終ラインからのパスワークで攻め崩そうとする東京Vに対し、立ち上がりから厳しくプレッシャーをかけてボールを奪いにいった。ボランチの一角でフル出場したMF上田康太は試合後のオンライン会見で「はがされてしまって、下がらなければいけない場面もありましたが、試合を通して前からいこうという、自分たちがやりたいプレーは多く出せたんじゃないかと思う」と振り返っている。  だが、ボールを奪った後に効果的な攻めができなかった。20分の失点もボール奪取から敵陣に入ったところで奪い返され、逆カウンターのような形から決められている。「奪ったボールを、またすぐに奪われてしまって、ということが多くて、前半はなかなかチャンスを作れなかった」と語った上田は、「(失点は)ボールの奪われ方が悪かったので、もったいないですが、自分たちのミスからでもある」と反省点を述べた。  上田は14分にFKをゴール前に送り、FW清水慎太郎の惜しいヘディングシュートを演出。78分にはエリア外からミドルシュートを放ったが、GKのセーブに阻まれた。前半の1点で敗れた岡山は依然として17位と、下位に沈む苦しいシーズンを過ごしている。  ホーム連戦となる次節は13日に、ヴァンフォーレ甲府と対戦。「改善できるところは、たくさんあると思います」とコメントした上田は、「まず(ボールを)奪われないようにすること、奪われた後の切り替え。攻められたとしても、失点につながらないようなプレーは、改善できるんじゃないかと思う」と続け、巻き返しへの意欲を示した。 現地取材◎石倉利英 写真◎J.LEAGUE

サッカーマガジン編集部

【関連記事】