Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カレーや副菜でアレンジも楽しめる! ビリヤニ専門店が京都に誕生

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食べログマガジン

テレビやWEBメディアで大人気の“カレーおじさん \(^o^)/”に今週食べたカレーの中からイチオシのカレーを教えてもらう企画。今回は、2020年7月末に京都にオープンしたビリヤニ専門店「インディアゲート」を紹介します。

【カレーおじさん \(^o^)/の今週のカレー】「インディアゲート」

インド周辺諸国の料理に「ビリヤニ」というものがあります。スパイス炊き込みご飯と言えば分かりやすいでしょうか。インド料理店やパキスタン料理店ではビリヤニを看板メニューにするお店も増えてきました。そして、日本人による個性派ビリヤニ専門店も、少しずつですが全国的に登場しはじめています。

今回ご紹介するのは、京都・烏丸で2020年7月31日にオープンしたばかりの新進気鋭の日本人シェフによるビリヤニ専門店「インディアゲート」です。

こちらのマスターはミュージシャンで、音楽で全国行脚の際に楽しみにしているのが食べ歩き。中でもカレーは特に多くのお店を食べ歩き、いつしか自分でも作るようになり、それが好評だったことから間借りカレー「GATA's キッチン」をオープン。こちらも人気となり、遂に独立店舗として「インディアゲート」をオープンさせたのです。

メニュー構成はビリヤニが3種。「チキンビリヤニ」「マトンビリヤニ」ときて、「鯛出汁チキンビリヤニ」という創作系もあります。時折、限定メニューとして沖縄そば風ビリヤニなど様々なビリヤニを味わうことができる、まさにビリヤニ専門店。ハーフサイズでも注文でき、ビリヤニのあいがけならぬあい盛りも可能。

さらにはカレーもあってカレーの一口トッピングも可能。副菜のトッピングもあり、組み合わせ次第で様々な楽しみ方ができるのが良いですね。

「鯛出汁チキンビリヤニ(ハーフ)」800円と「マトンビリヤニ(ハーフ)」900円(この日はマトンキーマビリヤニでした)のあい盛りに、「麻婆豆腐」200円をトッピング。さらに日替わりカレーから、一口サイズの「鯖キーマとミョウガの冷やし出汁カレー」400円という贅沢なオーダーとなりました。

【関連記事】