Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感染防止は十分だが、別の課題があらわに 4カ月遅れで自動車レースのF1シリーズが開幕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 7月3日、オーストリア中部のシュピールベルクにある「レッドブル・リンク」でF1オーストリア・グランプリ(GP)のフリー走行が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、約4カ月間延期されていたが自動車レースの世界選手権シリーズでは先陣を切る形で今シーズンがようやく開幕した。5日には決勝が開催され、メルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)が優勝した。  だが、新型コロナは華やかなことで知られるF1のありさまを一変させてしまった。異例ずくめとなった開幕戦で何が起きていたのだろうか。(モータースポーツジャーナリスト=田口浩次)  ▽違和感ばかり  実は今季のF1は一度〝開幕〟している。3月20日、オーストラリアGPはフリー走行を実施することになっていた。だが、F1チームのスタッフに感染者が出たことで、開始直前に同GPの中止を決定したのだ。  7月5日のオーストリアGP決勝は大荒れのレースとなった。2番手からスタートしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(ベルギー)がレース序盤でリタイアすると、その後もレースを終えるマシンが続出。20台中、11台がチェッカーフラッグを受けられなかった。マシンの信頼性が向上している近年ではかなり珍しい結果だ。チームも活動を休止していた影響があらわになったと言える。

 レースの中継映像も違和感だらけだった。スタンドを埋め尽くしているはずの観客がいないのだ。F1ではごく普通にいる有名人や富裕層のゲストを見ることもない。  マシンの作業に携われる人数が制限されているため、昨年まではスタッフでごった返していたピット(マシンの整備を行う施設)のスペースには余裕があった。取材できるジャーナリストの数も大幅に減らされている。全ては感染防止を目的にソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するためだ。  もちろん、マスクは全員が着用している。レースが行われるのは昼間なのでピットなどはかなり暑くなる。そんな環境で、マスクをして作業しなければならないスタッフが熱中症にならないか、心配になってしまった。  感染防止に努めなければならないのはドライバーも同じだ。予選後や決勝レース後に、インタビューを受けるドライバーは必ずマスクを着用していた。  通常ならメインスタンドで行われる表彰式は何とコース上で開かれた。インタビューを担当した元F1王者のジェンソン・バトン(英国)が、初の表彰台となる3位に入ったマクラーレンのランド・ノリス(英国)に「ハグをして祝いたいけど…。駄目らしいから」と前置きしてから質問を始めた姿は印象的だった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS