Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女優を引退したキャメロン・ディアス、久々に表舞台に登場しメイクや「愛」について語る

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

『メリーに首ったけ』など評価の高い作品や、『チャーリーズ・エンジェル』や『シュレック』など注目を集めるシリーズに主演している女優のキャメロン・ディアス(Cameron Diaz)は、誰にでもすぐにわかる存在だ。しかし、2018年に映画界から引退して以降、スクリーンで彼女を観ることはなくなった。 【写真】笑って泣ける名作揃い!キャメロン・ディアスの必見出演作ギャラリー そんな彼女が珍しく、友人でありメイクアップアーティストのグッチ・ウェストマン(Gucci Westman)のYouTubeシリーズ『Makeup and Friends』で姿を見せ、女優として、そしてその後のライフスタイルの裏側をエクスクルーシブに語った。 ショートポニーテールにした髪をアップにしてリラックスした様子の元女優のディアスは、以前にはあまり見られなかった雰囲気。台本のあるインタビューではなく、友人2人の昔を懐かしむ会話を見ているようで新鮮な気分になる映像だ。ディアスの愛犬も登場している。 ウェストマンはディアスを「昔からの友人のひとり」と言っているだけに、当然くつろいだ雰囲気で、2人の親密さが、笑いや、「階段を歩いて上る6階の部屋で2週間ベッドをシェアした」NYでの日々など、様々なエピソードを引き出している。

「キャメロンはもっとも古くからの友人のひとりで、世界中で一番好きな人」と、ウェストマンがエクスクルーシブに『ハーパーズ バザー』に語る。「私たちはたくさんの特別な瞬間やたくさんの笑い、たくさんの生みの苦しみを共有してきたわ。彼女ほど私を大笑いさせ、話を聞いてくれる人はいない。彼女は本当に格別の友人よ。彼女が外に出てきて『Makeup and Friends』に出演してくれるなんて、とても光栄だし、ショックを受けたわ。“なんですって? 本当に?“って感じ だからこそ、ウェストマンは誰よりも、ディアスの女優復帰はあるのか否かについて確信に迫ることができるのではないかと思ったけれど、予想通り、ディアスの答えは謎めいている。 「私は何事においても“絶対ない“とは言わない人だから、“絶対ない“とは言わないわ」

【関連記事】