Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

LITTLEが「春よ、来い」に載せてラップする亡き父への想い

配信

Rolling Stone Japan

KICK THE CAN CREWのLITTLEが、自身のレーベル「JIMOTO RECORDS」よりシングル「八王子少年~春よ、来い~feat.RYOJI」を配信リリースした。松任谷由実の名曲「春よ、来い」をカバーアレンジしたトラックに、LITTLEのラップとともに、ゲストボーカルとしてケツメイシのRYOJIが歌唱で参加。リリックは、2019年1月28日に亡くなったLITTLEの父への想いが込められている。2015年にリリースされたアルバム『アカリタイトル2』以来となるソロ作品について、LITTLEにインタビューを行った。 KICK THE CAN CREWのLITTLEのソロ作品 ―「八王子少年~春よ、来い~feat.RYOJI」は、亡くなられたLITTLEさんのお父さんのことを書かれた楽曲です。このタイミングで曲にしようと思った経緯を聞かせてもらえますか? 2019年の冬頃に、地元に戻ったんですよ。冬から春に変わる頃に「春よ、来い」のビートでラップしたいと思っていたのもあって、春が近づいてきたからオケも発注して制作に入ったときに父親が亡くなったんです。実家の近所に住み始めて「さあ親孝行してやるぞ」ぐらいのタイミングだったし、歌詞を書くとき、父親のことに触れないで仕上げるのもちょっと違うかなと思って、少しどこかで触れようと思ったんです。でも、少しどこかで触れるというのがとにかく難しくて。これでも本当に歌詞をいっぱい書き直しています。本当だったら7番ぐらいまで作りたいぐらいの気持ちでした。ちょっと匂わす程度じゃ無理だったので、八王子を軸にしながら父親の話がテーマになったという感じなんです。 ―もともとは、八王子をテーマにした楽曲を作ろうとしていた、と。 八王子に戻ってきたタイミングだったので、出会いと別れを春の曲に合わせてと思っていたんです。結果的に父親と一緒に救急車に乗れたりもしたし、本当に短い間だったけど帰ってきてよかったなと思っていて。葬式もそうだし、お墓もそうだし、本当に何から何まで初めての経験で。〈この町で大人になる〉というフレーズだけが最初にあって作り始めた曲なんですけど、父親の子どもだってことを再認識しつつも、子どもじゃなくなる感じというのを感じましたね。

【関連記事】