Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松下信治が優勝。4位入賞の角田裕毅がランキング4番手まであと2ポイント【順位結果】FIA-F2第6戦スペイン レース1

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 8月15日(土)、2020年FIA-F2第6戦スペインのフィーチャーレース(決勝レース1)がバルセロナ・カタロニアサーキットで開催され、18番手からスタートした松下信治(MPモータースポーツ)が今シーズン初優勝を達成。角田裕毅(カーリン)が4位入賞、佐藤万璃音(トライデント)は15位だった。  2位にはロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)、3位に周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)が入っている。  レース後のインタビューで松下は「今日は8番手を狙っていました、明日のレースのために。僕たちのペースはよかったです。セーフティカーが絶妙なタイミングで入ってくれました。すべてのラップが自分たちの流れに思えました。チームに心から感謝したいです」とコメントした。  またファイナルラップを3位で迎えるもタイヤが厳しく4位フィニッシュとなった角田は12ポイントを獲得。ドライバーズポイントランキングは4番手の周にあと2ポイントと迫る5番手に浮上。  あくまでチャンピオンが目標と過去のインタビューで語っていた角田だが、F1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを満たすためにマストとされるシーズン4位以内が射程圏内に入ってきた。  ポイントランキングは首位が120ポイントのカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、2番手に103ポイントのシュワルツマンとフェラーリ育成のふたり。3番手には87ポイントでクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)、4番手には76ポイントの周で、ルノー育成のふたり。そして5番手に74ポイントの角田となっている。  スプリントレース(決勝レース2)は日本時間8月16日(日)18:10から行われる。 ■FIA-F2第6戦スペイン フィーチャーレース(レース1) 暫定リザルト Pos./No./Driver/Team/Time/Gap 1/14/松下信治/MPモータースポーツ/35Laps 2/21/R.シュワルツマン/プレマ・レーシング/1.599 3/3/周冠宇/ユニ・ヴィルトゥオーシ/6.166 4/7/角田裕毅/カーリン/7.796 5/4/C.アイロット/ユニ・ヴィルトゥオーシ/7.954 6/20/M.シューマッハー/プレマ・レーシング/8.471 7/15/F.ドルゴヴィッチ/MPモータースポーツ/8.831 8/25/L.ギオット/ハイテックGP/8.992 9/2/D.ティクトゥム/ダムス/9.438 10/11/L.デレトラズ/チャロウズ・レーシング・システム/9.494 11/6/C.ルンガー/ARTグランプリ/9.658 12/16/A.マルケロフ/BWT HWAレースラボ/10.552 13/24/N.マゼピン/ハイテックGP/10.661 14/12/P.ピケ/チャロウズ・レーシング・システム/14.389 15/23/佐藤万璃音/トライデント/15.157 16/10/G.サマイア/カンポス・レーシング/15.327 17/8/J.ダルバラ/カーリン/18.437 18/9/J.エイトケン/カンポス・レーシング/1Lap 19/1/S.ゲラエル/ダムス/1Lap --/22/R.ニッサニー/トライデント/DNF --/17/G.アレジ/BWT HWAレースラボ/DNF --/5/M.アームストロング/ARTグランプリ/DNS [オートスポーツweb ]

【関連記事】