Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【野手の中継ぎ投手起用】ご意見番・張本勲(80)は原監督を絶賛「堀内のような意見は…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

「いま何の伝統があるんだ。もう伝統とかいう時代じゃないですよ。球界の盟主? それも時代錯誤だよ」 【画像】堂々としたフォームでマウンドから投球する巨人・増田内野手  巨人・原辰徳監督の「野手の中継ぎ登板」采配に対する批判に、そう“喝”を入れるのは、球界のご意見番、3千本安打の張本勲氏(80)だ。  問題の試合は、8月6日の阪神・巨人戦。8回裏、巨人・堀岡投手が満塁ホームランを浴びて11点差となったところで、原監督がマウンドに、内野手登録の増田大輝(27)を送り出したのだ。  誰も予想しなかった野手の“二刀流”。原監督は、試合後「あそこで堀岡を投げさせる方がはるかに失礼なこと。チームの最善策」と説明したが、巨人の大物OBを巻き込んで、その是非が論争となっている。  もっとも激しく反応したのは、元巨人軍監督でプロ野球解説者の堀内恒夫氏。自身のブログで次のように怒りを露わにした。 〈これはやっちゃいけない。巨人軍はそんなチームじゃない。しかも今、首位に立っているじゃないか。強いチームがそんなことやっちゃダメよ。こんなことして相手のチームはどう思うだろうか。馬鹿にされてるとは思わないだろうか〉  さらに、原監督体制でヘッドコーチを務めた伊原春樹氏に至っては「考えられない。私がベンチにいたら、原監督とケンカをしてでも絶対にやらせなかった。これはダメ。調子に乗ってどうにかしちゃったとしか思えない。巨人の伝統的な戦い方からはかけ離れている」とまで語ったと報じられている。

「野手出身であんな発想ができるのは大したもの」

 しかし、巨人OBでもある張本氏は、今回の原采配について、次のように語る。

「ピッチャーの負担を軽くするために『今日は捨てゲームだ』と腹を括れるのは、12球団でも原監督くらいしかおらんだろう。これは『相手に失礼』とかいう問題よりも、自分のチームを優先したということ。今は3点、5点差なら、いつでもひっくり返せるくらい球が飛ぶ時代だけど、次のピッチャーを出すのは躊躇するだろう。『俺は敗戦処理ピッチャーか』と、若い子でもピッチャーにはプライドがあるからね」  原監督が“奇策”を見せたのは、伝統の巨人・阪神戦だった。詰めかけたファンに対する姿勢としてはどう考えるのか。 「阪神のファンの中には『舐めとるんか!』という人もいるよ。だけど逆に考えてみなさいと。あなたが監督だったらどうするかと。特に、今シーズンは、コロナの影響で120試合に短縮して、スケジュールも厳しい。こんな大差がついた状況では、(野手出身の原監督より)ピッチャー出身の監督のほうが、逆にやりたいのかもわからんよ。原監督は見た目が若大将で爽やかな感じがするけども、いやいや、したたかな監督だよ。  堀内のような意見は当然あるでしょう。でも、出されるほうはどうだろう。11点差がついて出されるピッチャーは惨めじゃないの。バッターと勝負して勉強してこいと言われてもどうかな。そういう意味でも、(原監督が)野手出身であんな発想ができるのは、たいしたもんだよ」(張本氏)

【関連記事】