Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

研究員殺害事件 容疑者の男が殺害認める供述

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本大学の女性研究員が殺害された事件で、死体遺棄の疑いで逮捕・送検された男が、殺害について供述していることが明らかになりました。 この事件は、今月7日熊本大学の研究員楢原知里さん(35)が、道路わきの溝で遺体となって見つかったものです。 警察は女性の自宅マンションの元清掃員熊谷和洋容疑者(67)を死体遺棄の疑いで逮捕・送検しています。 警察によりますと、熊谷容疑者は女性の殺害についても認める供述を始めているということです。 さらに「女性の携帯電話を現場付近の河川敷に捨てた」という趣旨の供述をしていて、警察は、供述をもとに河川敷や川の中の捜索を続けています。 また、関係者によりますと、熊谷容疑者は女性の遺体が遺棄された横のマンションに住んでいたことがわかりました。 「洗濯も毎日していてきれい好きな人と思っていた」(同じマンションの住人) 熊谷容疑者が住んでいた部屋の玄関には「ご用の方は携帯電話に」などしばらく留守にする旨のメッセージが書かれていました。 警察は、女性を遺棄した経緯についても調べを進めています。

RKK熊本放送