Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岡江久美子さん急死 東邦大・小林教授は乳がん手術の影響を指摘「基礎疾患があるという状態」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

「news every.」でコメント

 女優の岡江久美子さんが23日午前、都内の病院で新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなった。63歳だった。  岡江さんは、4月3日に微熱を訴え、6日朝に容体が急変し、緊急入院した。PCR検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が判明した。  岡江さんは昨年末、初期の乳がんの手術をし、1月末から2月半ばまで放射線治療を行っていた。  同日、日本テレビ系の報道番組「news every.」に出演した東邦大学感染制御学の小林寅てつ教授は「乳がんの手術をされたということと、放射線治療をされていたということで、免疫力が落ちている。いわゆる基礎疾患があるという状態。それと、放射線治療をおそらく胸部に受けていますので、肺とかそういうところにも影響があったのではないか。免疫力が劣っているケースでは、新型コロナ肺炎というのは非常にリスクが高いということを考えておかなければならない」と抗がん治療が影響した可能性を述べた。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT