Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

谷繁元信が分析!ドラゴンズに外国人正捕手は誕生するのか?!

配信

CBCテレビ

「とある妄想しがちなファンのドラゴンズ見聞録」 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム  7月5日放送のサンドラでは、元ドラゴンズ監督の谷繁元信氏が先週のナゴヤドームでの試合を振り返り、激戦となる正捕手争いを解説!実戦の中で見えてきた課題と成長について取り上げました。コロナ禍の中で試合に対応できる準備をした上に、去年からの上積みが目立っているように感じて、毎試合ファンとしては感慨深く思います。 それでは、先週の日曜の試合から振り返っていきます。

今季初の3連勝

6/28 VSカープ 打線は新人・森下暢仁投手に8回2/3を3失点に抑えられるなど振るわず、先発した梅津投手はピレラ、堂林選手に一発を打たれるなど今季初黒星。 ●梅津晃大投手:先発して5回7失点と自己ワースト。 【谷繁解説】「先週のピッチングの疲れ、ホーム初先発というのが重なりフォームが良くなかったですよね。左肩の開きがちょっと早くて首をかなり振っている。」 6/30 VSタイガース 先発柳裕也投手の好投と攻撃陣が青柳投手を打ちあぐねたものの、66回阿部の先制打、7回アルモンテの満塁弾などでドラゴンズが一気に攻め立て、勝利を収めた。 ●阿部寿樹選手:0-0で迎えた6回、投手戦の均衡を破る先制タイムリーを放つ。 【谷繁解説】「阿部というバッターは基本広角に打てるバッターなんですけど、得点圏にランナーがいる時は広角よりも、もっと狭くセンターから右方向に打とうとしてるんですよね。」 7/1 VSタイガース 先発山本拓実投手が6回2失点の好投。打撃陣も中盤でしっかり逆転し、追加点を奪うなどで勝利した。 ●平田良介選手:2-1で息詰まる展開の5回裏、チャンスを生かし貴重な追加点を奪う。 【谷繁解説】「(復調と見ていいか?)そうは見えないですね。下半身が引けて手打ちですよね。彼のいい時っていうのはもっと踏み込んでですね(同じヒットでも)強い打球がいかなきゃいけないんですよ。」 7/2 VSタイガース 1回にビシエド選手の3ランホームランで先制すると、先発岡野も5回2失点とピンチを作りながらも粘りの投球で試合を作り、8回裏の井領選手のダメ押し打で試合を決め、3連勝とした。 ●岡野祐一郎:5回2失点 ランナーは出しながらもピンチを抑え、勝ち投手の権利をえて降板。 【谷繁解説】「手本としてほしいのは、入団当時の吉見。先週彼のピッチング見たんですけどとにかく低めに集めてゴロを打たせる。ゴロのアウトを取っていく、ゴロのヒットはオッケーというそういうピッチングを心がけるといい。」 本拠地での3連勝!しかしまだまだ課題や改善点もあり、さらにチーム力の底上げを狙うには、この辺りの内容の変化にも今後注目したい。

【関連記事】