Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“神”メンタルの伊藤美誠「緊張よりも楽しいが最初にくる!」【卓球ジャパン!DEEP解説】

配信

テレビ東京スポーツ

BSテレ東で5月30日に放送された「卓球ジャパン!」は、「伊藤美誠&石川佳純 緊急出演!心に残る涙の激闘ウラ側SP」として、東京オリンピック代表の石川佳純と伊藤美誠がリモート出演。それぞれの名勝負を本人がDEEP解説した。 【配信中】卓球ジャパン!|石川佳純&伊藤美誠 緊急出演!心に残る涙の激闘ウラ側SP 伊藤美誠編では2試合をピックアップ。語ってもらって明らかになったのは、彼女の類まれな強心臓っぷりだった。

1試合目は、世界卓球2015、女子シングルス準々決勝の李暁霞(中国)戦。ロンドン五輪金メダリストを相手に、世界卓球初出場で当時14歳の伊藤が2ゲームを先取。敗れはしたものの、世界中に「伊藤美誠」の名を知らしめた一戦だ。 まず、当時の心境を聞かれた伊藤の答えがすごい。 「感情が“無”(む)だったんですよ。李暁霞選手とやっているのに“無”で、この精神面すごいなって自分で思ったくらいです」 初出場の大舞台で、目の前には五輪金メダリスト。その状況の中、ほぼ何も感じずに対峙していたと言うのである。

実際に映像を見ても、険しい表情の世界女王に対して伊藤は終始飄々とプレー。バック対バックの勝負では相手を上回っていた。「ぼくらが初めて(陸上の)世界戦に行って、ボルトが横のレーンを走っているのに、飄々として普通に走って、60mくらいまでリードしているってことですよね? 異常!異常!(笑)」と、大魔王・伊藤のメンタルには、さすがの百獣の王・武井壮も驚きを隠せない様子。 面白いことに本人も自身の表情を読み取ることができないようで「私も何を考えているかわからないです(笑)」。未知なる14歳を前にして、李暁霞もかなりヒヤヒヤしたに違いない。改めて伊藤のすごさがわかる一戦だった。

続く2試合目は、伊藤が「めちゃくちゃ楽しかった試合!」と振り返った、世界卓球2018、中国との団体決勝1番、劉詩ブンとの激戦。日本人選手を相手に37連勝中という強敵をトップで破った、伊藤にとってはさらなる飛躍のきっかけになった試合だ。 ここでもやはり伊藤のメンタルは並ではない。団体戦決勝の1番という最もプレッシャーがかかる場面でも「緊張はないですね(笑)。緊張というか、楽しいが最初にくる。いつもより違う緊張感があっても、楽しいに変わります」というのだ。世界中のアスリートがうらやましがる強靭すぎるメンタルである。

【関連記事】