Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〇〇ていると新型コロナが重症化…ソフトバンクの孫正義会長が恐れていることとは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 大ピンチ到来? ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(63)が29日、ツイッターを更新。「ハゲていると新型コロナウイルス感染症が重症化する」というタイトルで、外国の研究を紹介するニュースサイトを紹介し「マジか?!」と一言だけつぶやき、驚きをあらわにした。  サイトでは、米国とスペインの研究者らが共同発表した論文のデータを引用。スペインの首都マドリードの3病院に収容されている男性の新型コロナ感染者のうち、79%が薄毛だったという。さらに、具体的なデータは示されていないが、調査では女性でも薄毛と新型コロナの重症化は関係していると論じている。  世の男性には穏やかでいられない話題ながら、フォロワーは楽観的。「孫さんがハゲ治療に投資する未来が見えました」という予測から「既に額に『こうたい』があるので大丈夫」というシャレの効いたコメントまで、さまざまな反応が寄せられた。  孫会長は、かつてツイッターで「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」とつぶやくなど‘’ハゲネタ‘’を、ポジティブに発信することでも知られている。

【関連記事】