Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手越 母を扶養「ニートは絶対になってはいけない状況」…退所に恐怖感あった

配信

デイリースポーツ

 ジャニーズ事務所を退所したタレント手越祐也(32)が23日午後8時から緊急記者会見を開いた。緊急事態宣言下で女性らとパーティーを開いたなどと報じられ、5月26日から無期限謹慎となり、6月19日に退所が発表されていた。 【写真】報道陣を前に会見する手越祐也「僕はうそつけない」  手越は「今でもNEWSのことやジャニーズ事務所のことが大好き」と語り、大きなトラブルはなかったと説明。数年前からステップアップのため新たな挑戦がしたいとの思いが強く、今年3月に事務所に退所意向を伝えたと明かした。  「事務所には3月段階で退所したいと申し出てしまったので、いつ退所するのか、いつ突きつけられても準備しておきたかった。ポジティブな僕でも、ジャニーズ事務所しか知らないので、事務所を出る恐怖感はあった」と、自粛破りと言われた酒席は、今後の活動のための話し合いだったと説明した。  同時に「シングルマザーの家庭で、数年前に父も他界し、いまは僕が大黒柱。母を扶養に入れているので、ニートになって家族を食べさせられなくなるのは、絶対にあってはいけない状況だった」と語った。  このため酒席に関しては「今後支えてくださる方々とのコミニュケーションは必要だった。世間は不要不急というかもしれませんが、僕としては不要不急でなかった。焦りもあった」と語った。

【関連記事】