Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山梨学院、白樺学園を破り有終の美!1年生投手の踏ん張りで終盤に突き放す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 甲子園交流試合の最終戦となった山梨学院vs白樺学園。選抜初出場の白樺学園は初回、3番・宮浦 柚基の二塁打からチャンスを作り、5番・二ツ森学のタイムリーで1点を先制することに成功する。 【写真】1年生ながら躍動した岩田悠聖(山梨学院)の静岡裾野シニア時代の打撃フォーム  しかし山梨学院も2回の攻撃ですぐさま1点を取り返すと、4回には7番・河野 修慈のタイムリーで逆転に成功した。  白樺学園も5回に川波 瑛平のホームランで1点を返したが、整備明けの6回に山梨学院の2番・功刀 史也や4番・栗田 勇雅のタイムリーなどで3点を加える。  7回、8回と点数を重ねる山梨学院。最終回は山梨学院2番手・古川秀将が最後に白樺学園の2番・宮浦のタイムリーで1点を与えるも、後続を抑えてゲームセット。8対3で山梨学院が白樺学園を倒した。

【関連記事】