Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレワーク中の残業代は出るの?労働時間を“見える化”するテクをプロが伝授! #コロナとどう暮らす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

テレワークに移行したことによって、タイムカードなどで行っていた出勤、退勤管理ができなくなった会社も多い。そんななか、「社員が何時から何時まで勤務したかが分からない」という理由で、残業代をカットするケースも出ているようだ。しかし、本来であれば働いた分の給与が発生するのは当然のこと。在宅ワーク時の勤怠管理の仕方について、これまで600社のテレワーク導入を手がけた越川慎司さんに伺った。

ツールを使って正しい労働時間を報告・確認しよう

テレワークの場合、勤怠管理ツールやチャットアプリなどを用いて、出勤などを管理・把握するのが基本だ。残業といった時間外労働に関しても、事業主は、従業員に対して残業代を支払わなければならない。また、みなし労働制やフレックスタイム制を採用している場合でも、事業主は8時間を超える際には時間外賃金を支払う必要がある。 そのいっぽうで、「在宅勤務の期間中は残業代は出ない」と通告する企業もあるとも報じられている。労働基準法に抵触する恐れもあるが、現実的には、社内体制が整っていないと、テレワーク中の時間外労働を把握できないので、残業代などをカットされるケースも少なくない。 こうした問題を未然に防ぐには、あらかじめ会社側と労働時間の取り扱いについて話しておくことが望ましい。もし取り決めがない場合、勤務中は各チーム内でプレゼンス(在席情報)やチャットで労働時間を確認し合うのもアリ。休憩や昼休みの際には、退席中のプレゼンスにすることを習慣化しておきたい。誰がどの程度、残業をしているかも把握しやすくなるはずだ。

これは便利! 勤怠管理ツール例

<オンラインタイムカード> 「サイボウズ」のタイムカード。PCやスマホからログインして、出勤・退勤をクリックする

「サイボウズ」の管理者側の画面。従業員の出退勤状況や、 残業時間などがひと目でわかる

<ビジネスチャットで出退勤を報告> 勤怠管理ツールの導入が難しい場合にはビジネスチャットを利用して出退勤を報告する方法も。 「Skype」のグループチャット機能なら、アカウントごとの既読が確認できる 部署内のビジネスチャットを用意し、勤務中は開いておく ↓ 出退勤や昼休みの際にチャットで報告する ↓ 既読の有無が見られるうえ、履歴が残るため管理がしやすい <ワンポイントアドバイス! 45分ごとに5分休む“時間管理術”> 「テレワークでは、だらだらと長い時間作業をしてしまうことも。キッチンタイマーなどを使って45分1セットで作業を細切れにすると効率がアップします」 (テレワークのプロ 越川慎司さん)

【関連記事】