Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「家庭も仕事もない。母を診るだけ」介護で直面した地獄

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

「育ててくれた親にできるだけのことをしてあげたい」…2013年頃から、介護離職をする人は年間9万人前後にものぼります。頑張りすぎる子ども世代は、生活や体、ときには心までも壊してしまうことがあり、事態は深刻です。親も子どもも納得して介護を乗り切るにはどうしたらいいのでしょうか。※本連載は『大切な親を家で看取るラクゆる介護』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。

ある日突然「親の介護」に直面する子ども世代

「まだまだ元気だと思っていたのに…」 「まさかうちの親がこんなことになるとは…」 「親の介護」に初めて直面したとき、だれもがそんなふうに感じるのではないでしょうか。 現代の日本は超高齢社会です。平均寿命は女性が87.3歳、男性が81.1歳。いまなお毎年少しずつ平均寿命が延びています。 毎年9月の敬老の日には、100歳を超えるお年寄りが全国で6万人を超えたという解説とともに、たくさんの百寿者の方々がテレビに登場します。そうした情報に接していると、忙しい子ども世代は「うちの親も年だけど、まあいまのところ大丈夫だろう」と思ってしまいがちです。しかし、親とて生身の人間です。年齢が上がるにつれ、加齢による心身の変化は少しずつ進んでいます。 近年は75歳以上を「後期高齢者」と呼びますが、この区切りはよくできたもので、ちょうど70代半ばを超えた頃から病気や心身の衰えが、グッと進んでくる印象があります。そして、ある日突然に子ども世代が「親の介護」に直面することになります。

母、コンロの火をつけっぱなしにしてボヤ騒ぎ…

たとえば、親が脳梗塞を起こして倒れ、病院に運ばれるというパターンも多いと思います。最近では脳血管の治療も進化していて、軽い梗塞であれば治療をしてもとの生活に戻れるケースもあります。 しかし、血管が詰まった場所等によっては手足の麻痺などの後遺症が残り、そのまま介護が必要になる例も少なくありません。特に男性では、要介護になる原因のトップが脳梗塞などの脳血管疾患です(厚生労働省「国民生活基礎調査」平成28年)。 さらに脳梗塞では、最初は軽い梗塞で済んだ人も2回、3回と再発を繰り返すうちに、全身の状態が落ちていきます。そこで家族は入院、リハビリ、退院後の生活をどうするかなど、次々に襲ってくる問題に翻弄されることになります。 また高齢の女性では、要介護になる原因でもっとも多いのは認知症です。 もとは夫婦二人暮らしで、父親が亡くなった後に一人暮らしをしていた母親の様子が最近どうもおかしい。話のつじつまが合わないし、部屋にものが散乱して荒れている。年のせいかといぶかしく思っているうちに、外出時に自宅に帰れなくなって保護されたり、コンロの火をつけっぱなしにしてボヤを起こすなどの事件が発生する。 そうした流れで「いよいよ母親を一人にはしておけない」となり、娘や息子が「いったいどうすれば?」と頭を悩ませることになります。 それ以外にも高齢になると、転んで骨折をしたとか風邪をこじらせて入院した、そんなちょっとしたきっかけで、急に心身の衰えが進んでしまうこともよくあります。 入院前は年の割にはしっかりしていて、自分で生活全般を管理して自立した生活を送っていたのに、わずか一、二週間の入院でまるで別人のように体や頭が弱ってしまった…。そんなケースも珍しくありません。 入院生活では自宅にいるときに比べ、さまざまな規制(ルール)に縛られ自由が奪われます。そのため、よかれと思って入院したはずがかえって心身ともに弱ってしまうことも多く、高齢者にとって入院は必ずしもよい選択とはいえません。 そして子ども世代は突然のことに悲しさ、寂しさ、怒り、不安、戸惑い、さまざまな思いを抱えながら、親の介護に向き合うことになります。

【関連記事】