Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関取花の一冊よんでく? 第一回「絵のない絵本」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
本がすき。

「仕事の疲労は、想像力の旅で癒す」

#一冊読んでく? ~ゼンキチさんからのご質問~ 『仕事であっぷあっぷで精神的に疲れている際に、気分転換できる花さんオススメの本を教えてください!』 ゼンキチさん、メッセージありがとうございます。お仕事毎日お疲れ様です。 特にここ数ヶ月は、世の中の動きやそれに伴う身の回りの環境の変化が色々とあって、みんな少なからずこりゃまいった状態に陥ったと思います。ゼンキチさんのお仕事もいつも以上に大忙しだったことでしょう。普段だったらそれこそお休みの日は遠出してみるとか、お友達と飲みに行くとか色々できましたけど、今はまだちょっといつも通りにははしゃげないですし、困ったもんですよね。 じゃあどうするかっていうと、私の場合はとにかく想像しまくります。それだけのために、この前フィジー島のガイドブックを買いました。行くお金も着られる水着もないですが、想像だから問題ありません。無料だし、想像の中ならナイスバディで真っ赤なビキニ着たって誰も何も言いませんから、最高です。ということで今日ご紹介するのはフィジー島のガイドブック…でも良いんですが、もっとオススメの本があるのでそれにします。

アンデルセンの『絵のない絵本』という本です。

この本は、友達もいない貧しい絵描きにお月様が話しかけてくれることから始まります。そしてお月様は「さあ、わたしの話すことを、絵におかきなさい」「そうすれば、きっと、とてもきれいな絵本ができますよ」と絵描きに言います。でもタイトルの通り、この本に挿絵は一枚もありません。ただ絵描きがお月様から聞いた話をひとつひとつ並べただけです。 これだけ聞くと、なんで絵描きの絵を見せてくれないんだ!と思うかもしれませんが、なくていいんです。読んでいるうちに、頭の中に自然と絵が浮かんできます。つまり、これは私の解釈ですが、絵描きは読者の私たち自身だということです。お月様の話を聞いて、それぞれの絵をそれぞれの中に描けばいい。まずは想像してごらん、というメッセージのような気がしました(突然のジョンレノン感)。 私がこの本に出会ったのは学生の時で、本屋さんでタイトルに惹かれてなんとなく買いました。学生生活はすごく楽しかったのですが、毎日家に帰るたびに今よりよっぽどぐったりしていて……。 触れ合う人が多い分、気にすることも多くて、寝る前にあれこれ考えてしまう毎日でしたが、そんな時によくこの本を読んでいました。 寝る前に想像の旅をすると、リラックスできるんです。 お月様の話は世界中のいろんな場所に連れて行ってくれます。インド、中国、ローマ、時にはどこか知らない森や町……。 そして、その光景を想像しながら眠りにつくと、その日あった細かいことをちょっと忘れられるんです。頭と心が柔らかくなる感じがするんです。 ゼンキチさんもきっと、お仕事をしていると誰かしらと触れ合う機会があるはずです。それだけで案外心って疲れてしまいますよね。そしてきっとそれらに真剣に向き合っているからこそ、あっぷあっぷになるのだと思います。 だから、一人の時間は思いきり想像の旅に出てみてください。 真剣じゃなくていいんです。めんどくさかったら、その日は読まなくても全然良いと思います。さらりと旅に出かけてください。 「絵のない絵本」のひとつひとつの話は、3~4ページほどで、ほんの数分あれば読めちゃいます。一杯お茶でも飲むかぐらいの感じで、気が向いたら本を開き、まぶたの裏に一枚の絵を描いてみてください。 眠る前でも、お仕事の合間でも。きっと良い気分転換になると思いますよ。

という感じで、この連載では引き続き皆さんからの質問、メッセージをお待ちしております。 #本がすき #一冊読んでく のハッシュタグをつけて、ツイッターでつぶやいてくださいね。 また、皆さんのオススメの本もバンバン教えてください。 この連載を通じて、自分も含めたくさんの方々が、一冊でも多くの素敵な本に出会えますように。次回からも、「関取花の一冊読んでく?」をよろしくお願いします!

【関連記事】