Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神 7点リード追いつかれた…ガルシアが六回に突如乱れる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「DeNA-阪神」(8日、横浜スタジアム)  阪神は大勝ムードが一転、先発のオネルキ・ガルシア投手が7点リードの六回、6点を失うなど突如崩れて途中降板した。ガルシアは5回0/3を7安打6失点で降板。代わった岩貞が大和に中前適時打を浴び、同点となった。  この回、先頭の梶谷にボールが先行。四球で歩かせると、続く大和の打席で暴投が絡み、二塁進塁を許す。さらに大和にもフルカウントから四球を与えると、続くソトに左翼線を破られ、適時二塁打を浴びた。  これで終わらない。さらに4番・佐野には初球、真ん中に甘くはいったスライダーを狙われ、右翼スタンドに3ランを浴びた。これで3点差。大勝ムードが一転すると、宮崎に右前打、倉本に中前打と止まらず、4連打で途中降板となった。  「野手の方々にたくさんの援護をしてもらったのに、こういった展開にしてしまい申し訳ないし、悔しいね」  代わった能見が戸柱を一ゴロに抑え、1死二、三塁。続く代打・中井の打ち取った打球が、不運にも右前にポトリと落ちて追加点を失う。さらに代打・神里に死球を与えたところで交代。能見でも流れを止めることができず、岩貞を投入した。  打者一巡し、再び梶谷の打席。その初球、捕手の坂本がパスボール。痛恨のバッテリーエラーで1点差まで迫られた。それでも梶谷を二直に抑えたが、続く大和に中前適時打を浴び、同点に追い付かれた。

【関連記事】