Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ユニクロ原宿店」が6月5日に開業 注目の赤井田真希ユニクロ日本CEOらが語る店のポイントは?

配信

WWD JAPAN.com

ユニクロは6月5日、東京・原宿駅前に開業する商業施設、ウィズ原宿内に「ユニクロ原宿店」をオープンする。それに先駆けて3日に、記者会見と内覧会を実施した。会見には2019年6月の就任以来、公式の場として初めて赤井田真希ユニクロ日本・最高経営責任者(CEO)が登場。ソーシャル・ディスタンシングを守るため、出席者数をかなり限定し、換気の良い吹き抜け部分で会見を実施した。 【画像】「ユニクロ原宿店」が6月5日に開業 注目の赤井田真希ユニクロ日本CEOらが語る店のポイントは?

本来なら書き入れ時のゴールデンウィーク前、4月25日に開業予定だったが、コロナショックでオープンが40日ほど後ろ倒しになった。インバウンド(訪日外国人客)も激減しているが、「インバウンドだけでなく、日本の方々に向けた店でもある。いつもの家の近くのユニクロ(とは一味違い、原宿では)商品、カルチャー、モノづくりへのこだわりや、より新しいユニクロを見せていくのが使命」と赤井田CEO。「われわれは、LifeWearのコンセプトの下、人々の暮らしをより豊かにする服として、究極の普段着を服作りのモットーにしている。新型コロナの状況下でも多様なライフスタイルが生まれた。一つ一つのお客さまの変化する要望に応えながら、進化するモノづくりをモットーとしていきたいと思っている」と話した。

原宿店は、4月にオープンした「ユニクロパーク横浜ベイサイド店」や6月19日にオープン予定の銀座の「ユニクロ トウキョウ」と共に、LifeWearというコンセプトを体現する“戦略店舗”として登場。「(原宿だけでなく)さまざまな土地でそれぞれの特徴を持った旗艦店、大型店の出店を加速している。特に原宿は、若者が集う情報発信基地というだけでなく、1998年にフリースブームを生んだ都心第一号店を出店した街でもある。日本全国、どこの土地でもそれぞれの土地を生かした地域との共存共栄ができるようなお店が作っていければ」。

原宿店は1階(約264平方メートル)、地下1階(約1650平方メートル)の2層の作り。店として大きな特徴は2つだ。1つ目は、ユニクロとジーユーが共同で開発した着こなしアプリ「スタイルヒント(StyleHint)」と連動した売り場「スタイルヒント原宿」。もう1つは、Tシャツとカルチャーを融合させたユニクロのTシャツブランド「UT」をフィーチャーした売り場の「UTポップアプト」だ。

【関連記事】