Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【JRA】函館記念覇者エアアンセムが引退、馬事公苑で乗馬に

配信

netkeiba.com

 2018年の函館記念(GIII)を制したエアアンセム(牡9、栗東・吉村圭司厩舎)は、本日22日付でJRAの競走馬登録を抹消された。今後は馬事公苑で乗馬となる予定。 【写真】エアアンセムこれまでの軌跡  エアアンセムは父シンボリクリスエス、母エアマグダラ、母の父サンデーサイレンス、母の母エアデジャヴーという血統。  2013年11月23日、美浦の伊藤正徳厩舎の管理馬としてデビュー。後藤浩輝騎手の手綱で新馬戦を8番人気ながら勝ち上がると、続くホープフルS(当時OP、翌年から重賞に)もC.ルメール騎手の手綱で勝利を収めた。  吉村圭司厩舎への転厩や降級を経て、2018年のスピカS(1600万下)を勝ち、7歳で再度のオープン入り。都大路S(OP)2着、エプソムC(GIII)5着ののち、函館記念で重賞初勝利をあげた。  通算成績は36戦5勝。獲得賞金は1億9410万円。19日の福島民報杯(L・12着)がラストランとなった。

【関連記事】