Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

築60年の古い家が全焼した「年金暮らし90歳女性」の次の住処

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

2017年1月刊行の書籍『70歳からの住まい選び』(幻冬舎メディアコンサルティング)より一部を抜粋したものです。最新の情報・法令等には対応していない場合がございますのであらかじめご了承ください。多数の高齢者の住まい選びがあるなかで、本記事では「自宅が全焼してしまった女性」の例を紹介します。

急に家を失ってしまったら…、一人暮らしの高齢女性

T氏:90歳 女性 入居前の住まい:一戸建て 入居前の家族構成:一人暮らし <住み替えを検討したきっかけ> 3年前に自宅が火事にあって全焼しました。原因は未だにまったく分かりません。親が遺してくれた築60年の古い家でしたから、何があってもおかしくなかったのですが……。当時就寝していた私は、煙を吸って気絶し、気がついたら病院のベッドでした。お医者さんからは、特に大きなけがもなかったので目が覚めれば問題ないはずです、とりあえず1週間ほど入院して様子を見ましょう、と言われました。 火事の記憶はほとんどありませんでしたが、なんとか命があったことにほっとしました。でも、問題はあったんです。そこは救急病院なので、命に別条がなかった私は長くはいられません。だからといって家が全焼してしまった私は帰る場所がないのです。そこで1週間後には別の病院に転院することになりました。 その病院には結局3カ月入院しました。その間はずっと次に住む家探しです。幸運なことに病院の相談員が親切な方で、私の話を何時間も聞いていろいろ考えてくれました。 私は住むところにほとんどこだわりはありません。なぜなら戦争で焼け野原を経験しているからです。戦後は両親とバラックに住んでいて、昭和28年にやっと抽選が当たって今の家に住むことができました。そのときの経験から雨風がしのげるだけで感謝しなければ、と思っているんです。 だから相談員の方にはアパートでも老人ホームでも入れればなんでもいいとお願いしました。ただし、できれば都内の物件がいいと伝えました。私は東京生まれの東京育ちなので、やはり都内からは離れたくなかったんです。

【関連記事】