Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食玩「Gフレーム」で制作した“思い出”のグフカスタム 「怯えろ! すくめ! MSの性能を生かせぬまま死んでいけ!!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 HG(ハイグレード)、MG(マスターグレード)でガンダムコンテンツを楽しむ人が多いなか、モデラーのえぬせさん(@nseman)は、それらのシリーズ以外に、ハイクオリティーな食玩「Gフレーム」をベースにした作品を制作。「え、食玩なの!?」「Gフレームってこんなかっこよくなるの?」という反響を得るほど、ハイクオリティーな作品を発表している。なかでも、同氏にとっても思い入れの深い作品だという「グフカスタム」について、話を聞いた。 【写真】食玩とは思えない圧倒的クオリティ えぬせ氏作「フルアーマーガンダム & ジム」

■グフカスタムに出会っていなければ全く違う人生を送っていた

――ガンプラと出会った原体験を教えてください。 「5歳くらいの時に、父親が買ってきてくれた元祖SDガンダム『F・A・Pガンダム(フルアーマーパーフェクトガンダム)』が最初だったと思います。父親が仕事から帰ってきてから『一緒に作ろう』と言われていたのに、箱を開けてみて『コレひとりでも作れるんじゃないか?』と思い、父親を待たずに作り始めてしまった記憶があります」(えぬせ氏/以下同) ――その後、ガンプラの魅力にはまったきっかけはどのキットですか? 「はっきりと『コイツ!』ってのはないのですが、思い出に残っているのは、HGの『グフカスタム』でしょうか。『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の第10話『震える山(前編)』でのグフカスタムの活躍に完全にヤラれてしまい、すぐにキットを買ってもらいました」 ――確かに、量産型ガンタンクを撃破し、ガンダムを窮地に追い込んだ上、パイロットのノリスの「怯えろ! すくめ! MSの性能を生かせぬまま死んでいけ!!」は名セリフとして語られています。 「そうなんです。これがきっかけで、ガンプラを含むガンダムというコンテンツにのめり込んでいくことになるほど私にとっては衝撃的でした。コイツに出会っていなければ全く違う人生を送っていたと思いますし、私の道を踏み外させた悪いヤツです(笑)」 ――その後、「グフカスタム」が食玩の「Gフレーム」となって発売されるわけですが、Gフレームとの出会いはどのようなものだったのですか? 「『Gフレーム』が発売された当初、いくつか買ってみたんですが、そんなに印象がなく『小型モビルスーツの素体に使えるかも?』くらいの感想しかありませんでした。ところが昨夏、所属サークルの定例の飲み会で、メンバーがGフレームの陸戦型ガンダムにウェザリング(汚れや風化を加えた塗装技法)を施したものを見せてくれて、『成形色のまま汚すだけで見栄えするじゃん…』と思い自分でもちょっと手を加えてみたくなったことです。結果として、小加工では気が済まず、全身に渡る表面処理と全塗装まですることになったのですが…(笑)」

【関連記事】