Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子ども1人を大学に行かせる費用はいくらかかるのか?

配信

LIMO

新型コロナウイルスの影響で今後の経済に不透明感が漂っています。そんな中でも、親としては子どもが望む教育をしたいもの。では、大学に進学させるためにはどのくらいの教育費がかかるのでしょうか。奨学金と教育ローンの違いについても見ていきます。

大学進学にかかる費用はどのくらい?

日本政策金融公庫が今年3月に公表した「教育費負担の実態調査結果(令和元年度)※1」には、大学入業から卒業までにかかる「入在学費用」が示されています。同調査によると、大学4年間の総費用は子ども1人当たり690万円という結果でした。その内訳は以下の通りです。 ※1 64歳以下の男女で高校生以上の子どもを持つ保護者4700人(各都道府県100人)へのアンケート調査 ■各学年における1年間の費用 大学1年:234万7000円 大学2年:151万9000円 大学3年:151万9000円 大学4年:151万9000円 合計:690万4000円 大学1年時は入学費用の82万8000円が在学費用151万9000円のほかにかかるので、他学年より金額が大きくなっています。 また、入学費用と在学費用に含まれるのは以下のようなものです。  ・入学費用:学校納付金、受験費用、入学しなかった学校への納付金の合計)  ・在学費用:学校教育費(授業料、通学費、教科書・教材費、学用品代、施設利用料等)、家庭教育費(参考書等購入費など) 次に、進学先別の入在学費用を見てみます。 ■進学先別の入学費用 私立短大:66万9000円 国公立大学:71万4000円 私立大学文系:86万6000円 私立大学理系:84万5000円 ■進学先別の在学費用(短大は2年間、その他は4年間) 私立短大:295万6000円 国公立大学:428万円 私立大学文系:630万4000円 私立大学理系:737万2000円 ■進学先別の入在学費用合計(短大は2年間、その他は4年間) 私立短大:362万5000円 国公立大学:499万4000円 私立大学文系:717万円 私立大学理系:821万7000円 このように、子ども1人でも4年制の大学では約500万円以上の入在学費用がかかることになります。また、親元から離れた地域の大学に進学するとしたら、これ以外にも家賃や食費などが必要になります。 これら全額を親が用意するというのは、そうたやすいことではありません。そのため、奨学金を利用したり、学生本人がアルバイトをして賄うという方法を取ることになります。

【関連記事】

最終更新:
LIMO