Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マシュー・リス、ジョン・リスゴーらが解説 『ペリー・メイスン』キャラクター紹介動画公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月18日よりAmazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA &CLASSICS-」(以下「スターチャンネルEX」)にて、最速独占日本初配信されるロバート・ダウニー・Jr.製作総指揮のドラマ『ペリー・メイスン』より、キャラクター紹介動画が公開された。 【動画】『ペリー・メイスン』キャラクター紹介動画  本作は、E・S・ガードナーによる推理小説をベースに、往年の人気TVドラマ『弁護士ペリー・メイスン』を、ダウニー・Jr.とHBOが新しいキャラクター像で一新し、オリジナルでは描かれることのなかったペリー・メイスンの知られざる過去を描くクライム・ノワール。  『ジ・アメリカンズ』でエミー賞主演男優賞にも輝いたマシュー・リスが主演を務め、製作総指揮の一人として企画段階から関わっている。そして、タチアナ・マズラニーが、1930年当時実在したカリスマ福音伝道師をモデルにしたキャラクター、シスター・アリスを演じるほか、ジョン・リスゴー、ジュリエット・ライランス、シェー・ウィガム、ゲイル・ランキンが出演する。  公開された映像では、本作の登場人物を、演じるキャストが解説。時は1930年代、ロサンゼルス(L.A.)中が注目する乳児誘拐殺人事件の調査を依頼された、その日暮らしの私立探偵ペリー・メイスン役を演じるリスは「『ペリー・メイスン』は正義の物語だ。ペリー・メイスンは過去にとてつもない不正義を目の当たりにした。それが彼の原動力。自分の正義に突き動かされるが、正義は単純じゃない」とコメント。事件の弁護を引き受けたベテラン弁護士EB・ジョナサン役のリスゴーや、彼の秘書であるデラ・ストリート役のライランス、カリスマ的人気を誇る福音伝道師のシスター・アリス役のマズラニーが自身のキャラクターを紹介している。L.A.の中でも貧困層の黒人住民の多い地域の担当に配属され、事件の捜査に巻き込まれる警察官のポール・ドレイク役を務めるクリス・チョークは「究極の腐敗に正義の裁きを望む人たちを、本作は描いている。絶対的真実を伝える物語」と役柄とともに本作で描かれるテーマを語っている。 (c)2020 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc. All Rights Reserved.

リアルサウンド編集部

【関連記事】