Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】22歳の若き勢いが大会史上初の無観客山頂フィニッシュで炸裂!ポガチャル「最終週、チャンスがあれば、マイヨ・ジョーヌを獲りに行く」 /  第15ステージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

少年時代は「ちっちゃなポギ」と呼ばれていたタデイ・ポガチャルが、またひとつ大チャンピオンへの階段を上がった。ユンボ・ヴィスマ5人衆が刻んだ凄まじいリズムを、たった1人で軽々と乗りこなし、ひらりと勝利をさらい取った。スロベニアの先輩プリモシュ・ログリッチは、スプリントにこそ敗れたけれど……ずばぬけたチーム力と個人力とで、他のあらゆるライバルを完膚なきまでに圧倒した。

「うん、これからの計画は、ツールの総合を勝つこと!!」(ポガチャル)

暑い日曜日だった。気温計の数字は上昇を続け、「まさに7月末の気候です!」と天気予報は繰り返した。まるで「いつもの」ツール・ド・フランスのように、沿道にはサンダル姿の笑顔が並んだ。季節外れのひまわりが、ところどころで咲いていた。

長い平坦の先には、3つの恐ろしい難峠が突き立っている。しかし、そんなものの存在が、選手たちの勇気を挫くことなどないのだ。「だって翌日は休息日だったし、山岳ポイントもたくさん収集できるし」。こうピエール・ローランが語ったように、スタート直後からたくさんの選手が前方へと飛び出した。もちろん発言した本人も活発に攻撃を繰り返した。すでに第12ステージ(2位)と第13ステージ(5位)でロングエスケープを企て、「本当は自分としては今日は逃げるつもりはなかった」らしいフレンチクライマーだが、脚のうずうずは抑えられなかった。

しかもステージ前半は、キング・オブ・スプリンターたちにとっても大切な時間だった。だって山に入る前の58km地点に、中間ポイントが待ち構えているのだ。緑のサム・ベネットと、緑ではないペーター・サガンが、互いに睨み合いながら前方に飛び出したことさえ!

おかげで序盤30分は時速56km……というあり得ないほどの高速で突っ走った。ぴりぴりした空気が集団内に充満し、いくつかの落車が発生する。セルジオ・イギータは2度転び、涙のリタイアを余儀なくされた。

【関連記事】