Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

住宅ローンも5年で完済。でもケチケチしない家族の楽しみ方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

貯蓄のために節約に励み、やりたいこともガマン。確かにお金は貯まるかもしれませんが、そのストレスがふくらむとリバウンドに。 貯め上手な人は家族で楽しみながら節約生活を続け、貯蓄につなげています。そんな暮らしぶりを取材しました。 貯まる人と貯まらない人。差はオフの日の過ごし方にあり

貯める生活をストレスにしない!家族で協力して節約を楽しむ

ESSEが実施したお金コンテストで、『オカネジェンヌ』金賞を受賞した作下裕美さん。年に180万円を貯め、住宅ローンも5年で完済! でもその暮らしぶりは、大変そう…なことはひとつもなく、むしろ楽しんでいる様子が。家族も進んで協力してくれる、貯まるルールを紹介します。

●畑を借りて家族で野菜を育てる 「畑を借りて野菜を育て始めたら、みんなすっかりハマっちゃって」 季節の野菜がどっさり採れ、レジャーにも食費の助けにも。

耕運機はネットの掲示板「ジモティ」を通じ、格安で譲ってもらいました。

●週のレジャー費は家族で話し合って使い道を決める レジャー費は月2万円。週末が4回ある月は週5000円、5回の月は週4000円に。 「土曜日は遊園地、日曜日は公園でお金をかけずにピクニックなど、家族で工夫すると満足度もアップ」 ※新型コロナウイルス流行前の習慣です

●山菜や貝掘り、0円レジャーでおかずもゲット 海も山もある長崎県は、自然の遊び場がいっぱい! 「今年は外出自粛となりましたが、例年は2~3月は山菜採り、4~5月はマテ貝掘りなどゼロ円レジャーが楽しめます」 楽しみながら採ってきた山菜や貝が夕食のおかずに。

マテ貝はバター焼きに。

●記念日のプレゼントは実用性を重視 誕生日などのプレゼントは、リクエスト制。 「これまで夫に贈ったのは、ランニング用の靴下やスポーツブランドの下着(笑)。必ず使うけど自分で買うには少し高いものが喜ばれます」

夫へのプレゼントはリクエストの靴下。

●今年、やりたいことをリビングにはって節約のやる気アップ 家族で今年やりたいことを話し合ってリストに。 「実現するためにはいくら必要かも相談するので、『今年もがんばろう!』と、気持ちがひとつに。家族がやりくりに協力的になってくれます」

【関連記事】