Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小橋亜樹、コンセプト・ミニ・アルバム発売日決定 人生初のオンラインサイン会も実施

配信

CDジャーナル

 2018年に怒髪天の増子直純、上原子友康プロデュース「ぶらぶらぶらり / 酔い℃(おんど)」で、テイチクエンタテインメントからメジャー・デビューした小橋亜樹の、5月27日から発売が延期となっていたコンセプト・ミニ・アルバム『こはし暖簾』(CD TECI-1693 1,818円 + 税)の発売日が9月23日(水)に決定。あわせて、ジャケット・ヴィジュアルが公開されています。  北海道を愛し、人と人との縁を大切にしてきた小橋亜樹が、歌を通じて、これからもより多くの人との出会いを紡いでいきたいという思いを込めた5曲入りのコンセプト・ミニ・アルバム『こはし暖簾』。収録曲「毎日が酔酔日(すいようび)」は、日本酒唎酒師でもある小橋がお酒と人生の素晴らしさを綴った詞を基に、2018年リリースのメジャー・デビュー曲「ぶらぶらぶらり」でも作曲を担当した怒髪天の上原子が作曲したアコースティカルな楽曲。「ねぇ、じいちゃん」は小橋が作詞・作曲した、かねてより温めていた楽曲で、家族、そして人との繋がりを描いた珠玉のバラード。「愛・寿留女節(あい・するめぶし)」は、北海道・福島町“するめ大使”を務める小橋が、愛する町への思いを馳せて作詞・作曲した福島町公式ソングで、老若男女が一体となれる音頭調の楽曲に仕上がっています。小橋の実体験を基に大泉 洋が作詞・作曲した「飲むしょ朝まで」を新たにレコーディングしたセルフカヴァー「熱き心に」は、小橋自身のルーツとも言える思い入れの深い一曲で、本人の強い希望により実現したカヴァー・ソングです。  また、この発売を記念した小橋亜樹人生初のオンラインサイン会が7月31日(金)に開催されることが決定。この模様はYouTubeテイチク・ミュージック・チャンネルにて生配信されます。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

【関連記事】