Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもの能力・資質を育てるために、何を取捨選択し教育するのか

配信

GLOBIS知見録

GLOBIS知見録

大学入試や英語教育の改革を含む2020年の教育改革を控え、社会の変化やグローバル化に順応して社会を生き抜くために必要な資質と能力を育てるにはどうすればよいのか。やり遂げる力や創造性といった「非認知能力」と、学力テストで測る「認知能力」は全く別の環境で育つわけではない。両方の能力を育てるコンビネーションの教育を我々は考えていくべきと中室氏が語る。あすか会議2019「日本の教育改革~未来を生き抜く資質と能力を育てるには~」ダイジェスト版Part2/3(肩書きは2019年7月7日登壇当時のもの)。 スピーカー 中室 牧子(慶應義塾大学総合政策学部 教授)