Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

厚労省、新型コロナの相談目安を改定 「37度5分以上の発熱が4日以上」の表記を削除

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

厚生労働省(以下、厚労省)は、新型コロナウイルスのPCR検査について新たな相談の目安を公表し、「37度5分以上の発熱が4日以上」とした表記を取りやめたことを発表した。 具体的な体温は示さず、息苦しさや高熱などの症状があればすぐに相談するよう呼びかけている。 厚労省は、感染が疑われる人が相談や受診をする目安として「37度5分以上の発熱が4日以上続く場合」などと具体的な体温を示していたが、専門家からは必要な条件のようにとらえられ、受診の抑制につながりかねないなどといった声が上がっていたという。 これを受け、表現を見直した新たな目安を公表したとのことだ。 新たな目安は、「息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合」や「高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合」という表現をしており、該当の場合はすぐに相談するように呼び掛けている。 また、「発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が4日以上続く場合」は必ず相談するよう求めている。なお、感染の疑いがある場合は、まずは保健所の「帰国者・接触者相談センター」などに相談するよう呼びかけている。 厚労省は、「高熱」かどうかは、自分の平熱を踏まえたうえで判断し、強い症状だと思う場合はすぐに相談してほしいとしている。 一方、症状の1つとして報告が相次いでいる「味覚や嗅覚の異常」については専門家の間で意見が分かれたため記載は見送られた。しかし、異常を感じた場合には相談するようにとのことだ。

【関連記事】