Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

町田の人気古着屋「JAM」がおすすめする英国ヴィンテージ16選。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

町田にある人気ヴィンテージショップであるジャム。共同オーナーで、今回取材した大嶋さんはイギリスとフランスを担当し、内田さんがアメリカを中心にバイイングを行っている。その2つの強い個性がいい具合に混ざり合い、なんとも魅力的なセレクトとなっている。近年、英国のヴィンテージが盛り上がっているが、大嶋さんにその傾向を聞いた。

「無数の古着を触っていると生地がいいと感じるのが英国なんです」

「ファッションの主流がオーバーサイズになったこともあり、バーバリーやグレンフェル、アクアスキュータムなどのクラシックなオーバーコートは人気が上がっていますね。特に一枚袖と呼ばれるアウトシームのないバルマカーンコートは人気がすごく、入荷の度にすぐ売れてしまいます。バーバリーならライダーやタイロッケンなどのレアなモデルや、珍しいファブリックの仕様はかなりのプライスになっていますね。 また最近再燃しているのがバブアーです。以前に流行った時は小さなサイズがメインだったのですが、今は40以上のものが人気を集めていますね。また有名ブランドやセレクトショップなどが手掛けたことから、スペイなどのユニークなモデルやラグランスリーブのロング丈など、今までは躊躇していたようなキャラクターの強いものが人気を集めています。 個人的に狙い目なのがニットですね。特にスコットランド製のカシミアでブラックカラーというのはかなり数が少なく、クルーネックとなるとさらに数が減る印象です。全体的に見ると、イギリスのヴィンテージはとにかく生地が素晴らしい。バイイングをする時に手触りだけを頼りにピックアップするとだいたいイギリスなんですよ」

「JAM」大嶋尚広さん

町田にある名店、ジャム。アメリカ、イギリス、フランスの古着を独自の感覚でミックスした品揃えは業界内でもファンが多い。イギリスのヴィンテージの醍醐味を欧州担当バイヤーの大嶋さんに語ってもらった。

コンディションやデザインもしっかりと吟味しているので、古着に抵抗がある人でも問題なし。グレンフェルを筆頭に、デッドストックのものもかなり揃っている。アメリカ物は1950年代のオープンカラーシャツやミリタリーウエア、リーバイスなどの王道を抑えつつも、センスの良いコアなアイテムもうまくブレンドしているのが好印象。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ