Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京電機大学 福富信也監督【前編】「安心して意見をぶつけられる環境が必要」

配信

高校サッカードットコム

1980年3月生まれ。 横浜F・マリノスコーチを経て、2011年に東京電機大学理工学部に教員として着任しサッカー部を監督として指導。 日本サッカー協会公認指導者S級ライセンスで講師を務め、近年では上田西高校の選手権ベスト4進出(2018)や、ヴィッセル神戸天皇杯優勝(2020)など、幅広い対象へのチームビルディング指導を行う福富信也氏にお話を伺った。 ーー現在の活動について。  今の活動を始めたキッカケは2つあって。  一つは学生時代の専攻分野が野外教育だったこと。昔は公園や家の近くの広場など、外で集団で遊ぶのが当たり前だったけど、今は塾や習い事もあるし、集団で遊ぶ機会が少ない。友達の兄弟などと一緒になって異年齢で遊ぶ機会など尚更減っている。  異年齢で遊ぶ時って皆で楽しく遊ぶために力の差を考慮してルールやハンデを作ったり自然と考えたり工夫して遊んでたけど、今はそういった環境を教育として意図的に作っていかないと機会が少ない。そんな機会を野外活動を通じて作っていくんだけど、登山やキャンプ、また雪山では自分達で穴を掘ってキャンプしたり...(笑)、色んなことを自分でも体験して。その活動を通じて、一緒に参加した仲間たちと友情が深まるんだよね。  自分がそれを教える立場になった時、更に面白さを感じて。この経験をサッカーに応用したら絶対に上手くいくという感覚があったし、なんで皆やらないんだろうと思ったよ。  サッカー界ではサッカーが上手い下手といった序列があるけど、高校サッカーでは良いチームは応援も熱い。普段から人間的な結びつきの中でサッカーをしているから、絆も強い。(サッカー以外の)色んな物差しで互いを評価しながら、人として尊敬できる点を互いに持ちながらやっているから絆が強い。  あいつのミスをカバーしてやりたい、あいつが出してくれたパスを苦しいけど絶対拾ってシュートにつなげたい、っていう感情で身体が突き動かされたり。ピッチの人間もベンチの人間も一体になれる魅力がある。そういった(高校サッカーの)部分は野外教育にも似ていて。  不便なアウトドア生活を快適にするため、互いに知恵を振り絞って色んなアイディアを出したりね。 例えば、「俺、兄弟いるから普段料理作ったりしてるんだよね。だから今回料理作るよ」っていう奴が出て来たり。「え、お前料理出来るの?」とか、自分が持ってないアイディアを他の人が出してくれたりっていうシーンが必ずある。その中で尊敬できる点があったりすると互いの仲が深まる。野外教育は、サッカーに必要な要素がたくさん詰まっていると気付いたのが、先ず一つ目。

【関連記事】