Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福留“ルール違反”会食にも思惑…派閥抗争が監督人事を左右する伏魔殿【阪神タイガース 腐食の構造】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【阪神タイガース 腐食の構造】#2 「福留がルール違反のリスクを冒してまで会食をしたのはワケがあるんだろう」  阪神OBがこう言った。  25日に選手、スタッフ計7人のコロナ感染が明らかになった阪神。感染した糸原、岩貞、陽川らは名古屋市内の飲食店で計8人で会食。残りのメンバーは福留、江越、小林、木浪、一軍スタッフだった。PCR検査で陽性判定が出なかった彼らは保健所から濃厚接触者と判定されなかったものの、登録抹消となった。  オリックスからトレードで加入した小林は福留の日本生命時代の後輩だから、会食は小林の歓迎会だったともいわれているが、真相は定かじゃない。場所が名古屋だけに、おそらく中日に在籍していた福留が店を用意するなどして音頭を取ったのだろう。  とはいえ、福留ほどのベテランが「会食は4人まで」という球団のルールを破ってまで歓迎会を開いたのは何か思惑があるに違いないと、このOB氏はみているのだ。 「糸原は前キャプテンだった福留からバトンを引き継いだ。かねて福留は後輩たちを何かと気にかけ、積極的にアドバイスもする。打撃不振に悩んでいた近本が再生したのは、タイミングの取り方なども含め福留の助言があったからこそ。そんな福留を、親会社の一部は将来の幹部候補として期待している。今季限りでの引退もささやかれる中、我々の間では『先々を見据えて選手を囲い込んでいるんだろう』という声も出ている」(前出のOB)

「アンカケ派」に「吉田派」

 OBのクチから「囲い込み」などという言葉が出てくる裏には、阪神ならではの事情がある。  老舗球団である阪神には古くから親会社、球団フロント、OB、監督コーチ、選手の間で連綿と続く派閥があり、これが時の監督人事に大きく影響することがある。関西の球界関係者が言う。 「2014年のシーズン終盤、和田監督の去就問題が浮上した際、親会社の一部は05年優勝監督の岡田彰布氏を後任候補に挙げていた。これが頓挫し、和田監督が続投したのは球団、親会社内に反対派が多かったから。その筆頭が『アンカケ派』だといわれています」 「アンカケ派」とは安藤統男元監督と、師弟関係にある掛布雅之氏(阪神・レジェンド・テラー)の頭文字を取ったもの。安藤氏や掛布氏を支持する「アンカケ派」が、阪神で3度監督を務め、1985年に日本一になった吉田義男氏と近い岡田氏の監督就任を潰したというのだ。ちなみに吉田氏と近い人たちは「吉田派」と呼ばれている。 「それぞれの派閥が足を引っ張り合うことで、いわゆる『お家騒動』が起きる。多数の中日OBをコーチとして招聘している外様の矢野監督に対しては、吉田派やアンカケ派も含め生え抜きOBたちが不満を抱いている。同じ外様である福留に対する見方も一緒。徒党を組んでいるようで面白くない。2年連続V逸とコロナ騒動による失態により、吉田派を中心に岡田氏を推す動きが活発化すると言われています」(前出の球界関係者)  お家騒動を繰り返す阪神は、自分たちの手で内部をガタガタにしていることに気付いていない。 (つづく)

【関連記事】