Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク熱中症に注意! 繊維のまちから“夏用マスク“続々〈新潟〉

配信

NST新潟総合テレビ

緊急事態宣言が解除されても、新しい生活様式では引き続きマスクの着用が呼びかけられています。 新潟県独自の“4段階”基準を決定 しかし、気温が上がるにつれて息苦しさを感じる人も多いのではないでしょうか。さらに、これからの時期は熱中症への注意も必要です。

そんな夏にピッタリのマスクが新潟県でつくられています。 ニット産業が盛んな新潟県五泉市の「桜井メリヤス工場」で製造されているのは夏用のニットマスクです。 桜井洋一専務: 「吸湿性・速乾性が高い素材を使ったニットマスク」 ニットといえばセーターなど厚手の素材というイメージですが… 飛田厚史アナウンサー: 「息もしっかり吸えます」 桜井洋一専務: 「ニットとは編み物なので通気性が非常にいい素材。4500枚ぐらい注文いただいている」

ベンベルグと呼ばれる通気性が高く熱を逃がしやすい綿素材を使い、快適な使い心地を追求したといいます。 さらに… 桜井洋一専務: 「耳の部分もニットでできていて、ナイロンを入れて伸びやすく作っている」 綿素材にナイロンを編み込むことで伸縮性も向上。ニットの技法を生かし耳への負担を軽減したのです。 桜井洋一専務: 「スカスカになりすぎないよう注意して、ある程度花粉やハウスダストが入ってこないよう目を詰めて作っています。(五泉市は)技術力があるので、マスクを作る時もスムーズに商品化ができたのではないか」

繊維のまち五泉市ならではの夏用マスクはこれだけではありません。 絹織物を製造する横正機業場がつくるのは、シルクのマスクです。 横野弘征専務: 「夏涼しく冬温かい素材といわれているので、触れた瞬間涼しさは感じる」 触れると冷たさを感じる絹の性質を利用し、夏でも快適な上、肌触りと高級感が自慢です。

気になるお値段は… 横野弘征専務: 「税込み1760円。生地からマスク用のものを作ってコストを抑えるよう努力した」 これからはおしゃれなアイテムとしてシルクマスクを発信したい考えです。 暑い夏を涼しくおしゃれに乗り切る夏用マスク。夏に向けて注目が高まりそうです。

NST新潟総合テレビ

【関連記事】