Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Krush】林勇汰が網膜剥離再発でトーナメント欠場、新美貴士の対戦相手は知良に変更=9.26

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 9月26日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.117』で行われる「第5代フェザー級王座決定トーナメント」に出場を予定していた林勇汰(FLYSKY GYM)が左目の網膜剥離の再発と診断され欠場することが発表された。 【フォト】第5代フェザー級王座決定トーナメント表  欠場に関し林は「復帰戦でせっかくのチャンスをいただいたのに、怪我が再発してしまってとても悔しいです。チャンスをいただいた運営の皆さまや対戦相手の新美選手、復帰に向けて応援していただいていた皆さまに申し訳ないです。怪我が完治したらまた頑張りたいので応援よろしくお願い致します!」とコメント。  これに伴い、林と対戦予定であった新美貴士(名古屋JKファクトリー)の対戦相手が知良(RBアカデミー)に変更となった。  知良は東京都出身の26歳。昨年6月にK-1 JAPAN GROUPへ初参戦して内田道隆に判定負け、同年12月には勝輝相手にドロー判定、今年7月の『Krush.114』では秀樹に判定負けを喫しており、そろそろ勝ち星が欲しいところだ。  今回の参戦について「2020年1番運のいい男・知良です。今回何かあると思っていたので、しっかりトレーニングを積み上げていました。トーナメントをかきまわして、運を味方にベルトにたどり着きます。注目よろしくお願いします」と、ビッグチャンスの到来に意気込みを見せる。  また、知良のトーナメント出場に伴い、元々の対戦予定であった水津空良(優弥道場)の相手がしの(KSG)に変更となった。 しのはK-1アマチュアで2回の優勝経験があり、今回がプロ2戦目の新鋭。今年8月の『Krush-EX 2020 vol.1』で秋山勝也相手にデビュー戦をKO勝利で飾っている。 <決定対戦カード> ▼第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R 新美貴士(名古屋JKファクトリー) vs 知良(RBアカデミー) ▼Krushフェザー級 3分3R 水津空良(優弥道場) vs しの(KSG)

【関連記事】