Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルスはねつ造? インフォデミックに振り回されないために

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 世界中を翻弄(ほんろう)しつづけている新型コロナウイルス。なぜ人によって症状が違うのか、どう治療すれば良いのか、ワクチンは安全で有効なのか。今も不明な点が多いが、ネット上にはデマやうわさなど、出所不明の情報が氾濫し続けている。米国では「新型コロナウイルスなど存在しない」という偽情報を信じて罹患(りかん)し、命を落とした人もいる。雑多な情報が社会に混乱を及ぼす「インフォデミック」の中で、医療情報にどう向き合えばよいのか。「健康・医療情報の見極め方・向き合い方」を出版した島根大学医学部付属病院の大野智教授とともに考えてみた。(テキサス州在住ジャーナリスト=片瀬ケイ)  ▽人の頭はだまされやすい  すでに600万人を超える新型コロナ感染者と19万人近い死者を出した米国。筆者の住むテキサス州も、この夏、爆発的な感染拡大に見舞われた。新型肺炎の患者が次々と運び込まれた病院の医師は、「二つの戦線がある。新型肺炎との闘いと、デマとの闘いだ」と地元メディアに語った。

 実際、テキサス州では7月、「コロナは捏造(ねつぞう)だ」というネット情報を信じた30歳の若者が、実際に感染するかどうかを試す「COVIDパーティー」に参加して、新型肺炎に罹患。入院先で「デマだと思っていたが、自分は間違っていた」と言い残して息を引き取った。  オンライン市民活動団体のAvaazがネット上の医療デマ情報の拡散について調査したところ、新型コロナがパンデミックとして拡大した今年4月、フェイスブックを通して偽情報を流すウェブサイトが世界で推計4・6億回も閲覧された。これは世界保健機関(WHO)や米疾病対策センター(CDC)など、信頼できる10の発信元ウェブサイトの閲覧回数の4倍だという。  米国では「新型コロナは夏になれば自然に消滅する」「強い紫外線の照射や、消毒剤を体内に注入によって、ウイルスを即座に殺せるだろう」といったトランプ大統領発のトンデモ情報も、瞬く間に拡散された。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS