Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「スポーツの楽しさ広めたい」 競泳・五輪メダリスト松田丈志さん、起業の信念

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

《リーダーが語る 仕事の装い》

 アテネからリオデジャネイロまでのオリンピック4大会に出場し、躍動感あふれるバタフライと自由形で日本競泳界に4つのメダルをもたらした松田丈志さん。2016年に引退後、スポーツジャーナリストに転じて取材や講演活動に携わってきたが、18年には自ら起業して実業界へ飛び込んだ。手始めにジムを経営しながら、スポーツ市場の可能性を探る。その先に見据えるのは、現役を退いた後も輝き続けるアスリートのロールモデルの確立だ。ビジネスの世界で新たな高みを目指す松田さんに、身だしなみの気構えについて聞いてみた。 【写真はこちら】「きょうはさわやかに見せたいから…」松田丈志さんの装い

■新しい運動プログラム「輸入」 運動習慣を広めたい

 ――こちらのネイビーのネクタイは引退したときのものだそうですね。ワンポイントがきいています。  「引退会見の時にスタイリストさんが用意してくれたものです。会見にふさわしい、清潔感のあるスタイルをと要望したところ、ネイビーのスーツにネイビーのこのネクタイを合わせてくれました。一式を買い取って、今も好きでよく着ています。ボウタイは結婚式で着けました。ブルーはエルメスのタイで水に飛び込む人の姿が『(エルメスの)H』になっています」  ――ライフステージを彩った思い出のネクタイなのですね。引退後はテレビで活躍される一方、ビジネスの世界に飛び込みました。  「現役時代は選手として強くなることが一番でした。引退して何を一番やりたいのか、という明確な答えはありませんでしたが、雇われ人間にはなりたくない、という思いは一貫していました。身内に会社経営者がいたり、尊敬できる経営者の方とご一緒させていただいたりして、自分もいつか経営者になろうと考えていました」  「自身のブランディング、価値を高めるために、未熟ながらスポーツジャーナリストとしてテレビ出演や取材、講演をしています。東京五輪は延期となりましたが、2020年は大きなチャレンジの年でした。僕の活動を応援して下さるスポンサーにも恵まれています。ただ、自分以外の人にいい影響を与えたい、という思いも膨らんできました」  ――そこでアクアテラを起業されたのですね。経営する2つのジムでは特色のあるトレーニングをしているそうですが。  「米国で考案された比較的新しい運動プログラム『クロスフィット』のジムです。クロスフィットとは全身を使う高強度のトレーニングメソッドのこと。マシン主体の日本のスポーツジム市場ではまだ珍しいプログラムで、やれる場所があまりありません。トップアスリートが取り組む本格的なトレーニングを一般の人にも体験してもらい、運動習慣を身につけてほしいと思っています。運動を媒介に集う人たちがコミュニティーを形成する場にもしたい。2店を切り盛りすることで経営ノウハウを蓄積したいとの思いもありました」

【関連記事】