Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3クール以上の長編名作アニメ3選 恐ろしく時間が溶ける楽しい“沼”へようこそ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マグミクス

伝奇活劇に青春バレー、ブラック寄りのコメディギャグ…あなたはどのアニメを選ぶ?

 2020年のお盆休みは帰省しない方や、帰省してもそれ以上の遠出はしない方も多いかもしれません。時間が余ってしまった時は未見アニメを消化するチャンスですが、この時期は特に普段なら途中で挫折しかねない「3クール以上の長編アニメ」をおすすめします。さまざまなジャンルの「長いからこそぜひ見たい長編アニメ」を3作品ご紹介。SNSでも「何度見返しても楽しめる良い作品」「愉悦だ」と評判です。 【画像】コロナの影響で延期されていた映画も公開、「Fate沼」にハマろう

●「Fate」シリーズ(2006年1月~放送) 「Fate」シリーズは、主にPCゲーム『Fate/stay night』を原作として作られたアニメシリーズで、『Fate/stay night』『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』『Fate/Zero』などさまざまな作品が制作されてきました。原作ゲームのルート別に各作品が作られており、主人公は同じですがヒロインや展開、時代などが作品ごとに異なります。アーサー王やクーフーリン、メドゥーサなど、神話や偉人伝の登場人物が「サーヴァント」として召喚され戦う壮大な世界観に、数多くのファンが魅了されている名作シリーズです。  ある大災害により孤児となった衛宮士郎(えみや・しろう/CV:杉山紀彰)は、魔術師である衛宮切嗣(えみや・きりつぐ/CV:小山力也)に助けられ、養子となって暮らしていました。10年後、高校生になった士郎は、あらゆる願いを叶える「聖杯」を巡り殺しあう「聖杯戦争」に巻き込まれ、魔術師として戦うことに。魔術をほとんど使えない士郎ですが、共に戦う英霊「サーヴァント」のなかでも最強のクラスであるセイバー(CV:川澄綾子)を召喚します。果たして、士郎は聖杯戦争を勝ち抜くことができるのでしょうか(『Fate/stay night』より)。  聖杯を巡り殺しあうという残酷な戦いに、強大な力を持つ英霊たちと共に立ち向かう「Fate」シリーズ。各登場人物の聖杯にかける思いや背景、サーヴァントとの関係値など、さまざまな要素が絡み合い、色濃く展開していく様は必見です。特にアニメ制作会社ufotableの手がけた『Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 』では映画のような映像美で「Fate」の壮大な世界観をあますところなく表現しており、その美しさだけでも一見の価値ありです。なお「Fate」シリーズに初めて触れる方には、視聴するのは放送順ではなく、以下の順を筆者はおすすめします。 1:『Fate/Zero』 2:『Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 』 3:『Fate/stay night』 4:『Fate/stay night[Heaven’s Feel]』(劇場版3部作) 『Fate/Zero』はシリーズのメインストーリーとなる『Fate/stay night』の10年前を舞台としており、聖杯戦争についての解説がより多く含まれているため、先に見ることで物語を理解しやすくなります。また、『Fate/stay night[Heaven’s Feel]』の劇場版3作目は2020年8月15日(土)公開予定となっています。他にも、聖杯戦争の参加者のひとりに焦点を当てた『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』、登場人物たちが戦わずに食卓を囲む『衛宮さんちの今日のごはん』など、スピンオフ作品も多数。一度「Fate沼」にはまってしまうと、抜け出せなくなるかもしれません。この作品は、「dアニメストア」「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」などで見ることができます。

【関連記事】