Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤクルト 再建目指す投手陣が奮闘 石川が5回無失点 清水、坂本も好投

配信

デイリースポーツ

 「練習試合、巨人2-2ヤクルト」(5日、東京ドーム)  ヤクルト投手陣が、順調な仕上がりを見せた。先発復帰した巨人の3番・丸、4番・岡本に仕事をさせず。高津監督が推し進める“投手再建”への道が、少しずつ実を結びつつある。 【写真】好投の石川、グラブ挟みタッチ―これも新様式?  この日の先発マウンドは、開幕投手を託されている石川だった。坂本の代わりに、遊撃で先発出場した増田大に二塁打を2本打たれたが、後続はピシャリ。初の対外試合で5回2安打無失点と、万全の調整を続けていく。  また2番手以降の清水、坂本も無安打無失点に抑えるなど、状態のよさを披露した。  打っては、主力が魅せた。まずは初回。相手先発・メルセデスの立ち上がりに、青木が甘めスライダーを見逃さない。フルスイングで仕留めると、打球は右翼席中段へ。「うまく反応して打つことができました」と会心の先制弾だ。今季から新主将を任されたベテランが、まずは試合を動かした。  さらには六回だ。2死二塁から、4番・雄平が右前へ。「得点圏だったので、なんとか(走者を)返したかった」と話す雄平の思いに応えるかのように、二走・山田哲も懸命にホームへと走った。捕手・小林のタッチをかいくぐり、ホームベースをタッチ。セーフの判定で2点目をもぎ取った。  ベテラン勢の活躍が投打に光ったこの日のヤクルト。巨人は8回まで3安打に抑えられたが、九回に打線をつなぎ、試合は同点で終わった。

【関連記事】